マーケティング・ランチボックス #5

分かったつもりのシニアマーケティング

先日の日本経済新聞に「ネット消費、シニアが引っ張る」という記事がありました。同社が実施した調査によると「最近1年間にネットで買い物した比率は60歳以上が食料品など4分野でトップ。消費総額も年間23万円を超え、全体平均を上回る」という結果が出たそうです。ネット利用に積極的なシニア世代が増えていることは言われていましたが、若い世代を押しのけて、利用実態としてリードしているという事実には改めて驚きました。

消費力の高い市場として兼ねてからシニア市場は注目されていますが、まだまだ多くの企業がその消費志向を掴むべく模索を続けています。中には、分かったつもりで間違ったマーケティングをしていることも少なくありません。

例えば、肌に良いコラーゲンドリンクを主力製品とするA社。競合が増え売上も停滞してきたことから、改めて顧客インタビューを行い、広告戦略を見直すことになりました。当時の想定ターゲットは肌に悩みを抱える50代60代女性。広告では「60代中盤の女性でも驚くほど肌のハリが若返った」という効果を写真で訴求していました。

しかし、実際に広告に対する意見を顧客に聞いたところ、大半の方が分かりやすいはずの写真に嫌悪感を抱いていました。自分より年齢が上の人が載った広告の商品に手を伸ばすのは気が引けるというもの。美容を意識する50代60代の女性たちは、むしろ30代40代向けの商品を使うことで、自分は他の人とは違う、若いんだという意識を持ちたいということでした。

つまりA社は、効果の訴求を考えるあまり、シニア世代の女性が「この商品を買いたい」という気持ちになる微妙な心理のスイッチを見落としていたわけです。これを機に同社は、広告写真のモデルはもちろん、製品ボトルも若い人向けの作りに変えました。

これはシニア世代に限りません。多様な価値観を持った顧客意識を本当に理解するのは難しいものです。逆説的に言えば、自分達は顧客のことを理解しきれていないと認識しつつ、答えを追求し続けた企業にこそ、失敗を成功に転換する糸口になるはずです。
Yuki Akama
赤間裕樹
株式会社マップス
マーケティング・スタッフ
1982年東京都青梅市生まれ。早稲田大学教育学部を卒業後、 株式会社マップスに入社。
各種企業へのマーケティング・プランニング支援、中小メーカーの営業体制構築支援、不動産の新事業立案などのほか、
マーケティング勉強会・交流会を主催し、成果を「企業診断ニュース」 に掲載。
オフィスを借りたい・移転したい インターネットで簡単検索 e-miki.com
■記事公開日:2013/10/30
▼編集部=構成 ▼清野裕司・吉村高廣=監修 ▼赤間裕樹=文 ▼写真=アマナイメージズ

過去の記事

ビジネスBOOK
〈3〉
感動をつくれますか? 論理的には間違っていない。でも、何か違う。ピンとこない。 2018.07.09更新
日本の匠シリーズ
〈12〉
研磨の神業で唯一無二のビアタンブラー 新潟県燕市は知る人ぞ知る金属加工の町です... 2018.06.29更新
働く男の健康ライフ
〈8〉
解消!メタボにまつわる"誤解"のあれこれ 厚生労働省の調査によると、成人男性の肥満率は31.3%で... 2018.06.20更新
若手のための
“自己キャリア”〈3〉
〈3〉
MEMO入門 知人が取締役を務める広告制作会社でのことです... 2018.06.12更新
シリーズ
清野裕司の談話室〈7〉
〈7〉
必要なのは、仕事に対する瞬発力と対応力 前回は、高い完成度を求めて仕事に時間をかけるより... 2018.06.01更新
エリア特集
〈16〉
さいたま市随一のビジネスエリアでキーステーション さいたま市大宮区 大宮区は、さいたま市の中央部に位置し、中心には... 2018.05.30更新
領国経営
影の実力者たち〈2〉
〈2〉
アメとムチのコーチングによって、部下を「やる気」にさせた鬼"立花道雪" 「鬼道雪」と周辺の国々から恐れられた立花道雪は... 2018.05.28更新
偉人たちの言葉
〈2〉
新しいことを始める時 私は仮説をつくらない。・・・ 2018.05.02更新
リアル・ビジネス
英会話〈8〉
〈8〉
At your earliest convenience. どう書く?お決まりのビジネスフレーズ 英文でメールを書こうとして、ふと「この日本語... 2018.05.02更新
大人の趣味活
〈2〉
そば打ち 味わう楽しみ 振る舞う喜び 中高年のビジネスマンに"無趣味"な人が増えているそうです。この企画はそう... 2018.04.23更新
オトコの休日クッキング
〈1〉
鶏のささみと豆苗サラダ/エリンギと舞茸のたらこソースがけ 男子たるもの厨房に入らず...なんてことは昔のはなし。今は、自分のことは自分で... 2018.04.20更新
リーダーズ・アイ
〈4〉
昭和女子大学理事長・総長 坂東眞理子の視点 官僚として長いキャリアをもち、大ベストセラーとなった「女性の品格」 2018.04.13更新

バックナンバー※2018.02.21 現在

文字サイズ