NEXT次のアクションへ NEXT次のアクションへ

NEXT次のアクションへ

パワーポイントがなくても仕事はできる?

先だって、ある報道番組の有名キャスターが、パワーポイントのことを「知らない」というニュアンスの発言をして話題になりました。それに対して世の中の論評は「そんなことも知らずに仕事をしているのか!」と散々なものでした。しかしながらパワーポイントが使えないということは、イコール企画書が書けないということにはなりません。また提案が不首尾に終わったということはないはずです。にもかかわらず「パワーポイントは仕事をする上での最低のビジネススキル」という手厳しい指摘が相次いだことは、改めてビジネスを遂行していくにあたっての最低限の「ビジネススキル」とは何かを考えさせられ る機会になったように思えます。※パワーポイントとはプレゼンテーション用ソフト

ビジネスに「おれ流」は通用しない

ビジネスで成果を出すために必要なものは何か。そう問われた時、多くの人が「経験に裏付けられた知識」と答え るのではないでしょうか。数年前ならそれも真理だったでしょう。しかし、変化が早い現在のビジネス環境においては、どれだけ素晴らしい実績があっても、その経験則が今の状況で通用するとは限りません。したがってこれからは「自分には自分のやり方がある」という頑なな姿勢を貫くのではなく、環境や状況に応じて最適なビジネススキルを身に付けることが求められます。もちろんそれ(得るべきスキル)は、業種や職 種によっても違いますし、若手社員と皆さんのような管理職の方々でも異なります。

主観を挟まず指示する力

管理職の方々がビジネススキルを学ぶセミナーなどで基本となっているのが、ハーバード大学教授のロバート・カッツ氏が提唱している「カッツ・モデル」呼ばれる3つの能力の棲み分けです。その内訳は、(1)テクニカル スキル(業務遂行能力)、(2)ヒューマンスキル(対人関係能力)、(3)コンセプチュアルスキル(概念化能力)などです。中でもとりわけ重要 視されているのが、3番目のコンセプチュアルスキルで「物事の本質を見極めて部下に正しく指示を出す」「主観を挟まず事実のみを伝達す る」といったものですが、実はこれが今の管理職の方々にはなかなか出来ないそうです。つまり、本来は主観を挟まず指示を出すところでも、つい、自らの成功体験をベースに「おれならこうする」という話し方になってしまうのです。

仕事をゆだねる気概と失敗を許す度量

マネジメントクラスの方々にパワーポイントが使えるか否かを問うことはナンセンスです。それは経営における必須のビジネススキルではありません。経営トップ、あるいは管理職の方々に求められるスキルとは、人材育成という重要な経営課題に対してどのように向き合うかに他なりません。そのためにはやはり、コンセプチュアルスキルの向上が欠かすことがで きません。「仕事を部下にゆだねる気概」や「失敗を許す度量」など、懐の深さのようなものが管理職には必要です。そうしたスキルを持った マネジメントのもとにこそ、今の時代に相応しい、チャレンジングで勢いのある企業風土と優れた人材が育って行くはず。いわば管理職の方々 が底上げすべきビジネススキルとは「人間力」と言うことができるかも知れません。
Takahiro Yoshimura
吉村高廣
日本テレビ系列静岡第一テレビ(SDT)、株式会社マドラコミュニケーションズでキャリアを積み、広告制作を主とする有限会社レイジェスを創設。代表取締役。提案型のコピーライター、クリエイティブディレクターとして各界の広告制作プロジェクトに参画。また書籍の出版プロデューサーとして数多くのビジネス書の企画編集に携わる。
代表的なCEOへのインタビューをはじめ、ビジネス最前線で活躍するキーマンや医療、教育関連の有識者、著名人の取材など多数。ビジネスキーパーソンとのネットワークも広範に持ち、幅広い人脈の中で企業の広告広報活動に寄与する
■記事公開日:2014/05/15
▼編集部=構成 ▼監修=清野裕司 ▼編集部ライター・吉村高廣=文 ▼タイトル=大木恵子 ▼写真=素材辞典

過去の記事

リアル・ビジネス
英会話
〈5〉
This is he. それは私です 本語でのやり取りでさえ、多少の緊張を強いられたり... 2017.10.03更新
シリーズ清野裕司の談話室
〈4〉
いまの時代"ベンチマーク"は有効なのか? 上手くいっている企業の仕組みを手本にしているのに... 2017.09.26更新
日本の匠シリーズ
〈10〉
表現を行う上では、男も女もない。 大切なのは、妥協なく精進し、覚悟を持つこと。 およそ300万人もの観客が訪れた今年の青森ねぶた祭... 2017.09.21更新
働く男の健康ライフ
〈5〉
また今日も眠れない...、その理由は?改善策は? 皆さんは毎晩十分な睡眠をとれていますか?... 2017.09.19更新
今月の一言二言
〈9〉
もし、エディー・ジョーンズが、あなたの上司だったら 2015年のラグビーワールドカップで、世界3位の南アフリカを破った日本... 2017.09.05更新
エリア特集
〈14〉
日本経済の一翼を担う大阪市《後編》 1970年3月15日から9月13日まで開催され、6421万8770人もの人々が訪れた大阪万博... 2017.08.25更新
チャレンジ・スポーツ
〈11〉
卓球 老若男女を問わず、 長く続けられる趣味として! 運動不足解消や健康維持を目的にスポーツをはじめても、何かしら目標がないとなかな... 2017.08.25更新
リアル・ビジネス
英会話
〈4〉
Don't be sorry! 謝る必要はないよ アメリカにきたばかりの日本人は、すぐに「Sorry」 を... 2017.08.03更新
企業見聞
〈14〉
ペット関連市場で業界資産の拡大をも視野にイノベーションを 多くの産業が成熟期を迎え成長率が頭打ちとなる中、犬や猫... 2017.07.26更新
働く男の健康ライフ
〈4〉
飲食の習慣を見直して"夏太り"と"夏バテ"を解消! たくさん汗をかくし、あまりの暑さに食欲もない...だから夏は... 2017.07.18更新
リーダーズ・アイ
〈2〉
女子卓球元日本代表監督・村上恭和の視点 時間と手間を惜しまない。これが、選手の心を掌握してきた村上流マネジメント 2017.07.13更新
シリーズ清野裕司の談話室
〈3〉
なぜいまだに『論語』が読み継がれているのか? ビジネスパーソンとしても、ひとりの人間としても十分... 2017.07.12更新

バックナンバー※2017.04.17 現在