NEXT次のアクションへ NEXT次のアクションへ

NEXT次のアクションへ

パワーポイントがなくても仕事はできる?

先だって、ある報道番組の有名キャスターが、パワーポイントのことを「知らない」というニュアンスの発言をして話題になりました。それに対して世の中の論評は「そんなことも知らずに仕事をしているのか!」と散々なものでした。しかしながらパワーポイントが使えないということは、イコール企画書が書けないということにはなりません。また提案が不首尾に終わったということはないはずです。にもかかわらず「パワーポイントは仕事をする上での最低のビジネススキル」という手厳しい指摘が相次いだことは、改めてビジネスを遂行していくにあたっての最低限の「ビジネススキル」とは何かを考えさせられ る機会になったように思えます。※パワーポイントとはプレゼンテーション用ソフト

ビジネスに「おれ流」は通用しない

ビジネスで成果を出すために必要なものは何か。そう問われた時、多くの人が「経験に裏付けられた知識」と答え るのではないでしょうか。数年前ならそれも真理だったでしょう。しかし、変化が早い現在のビジネス環境においては、どれだけ素晴らしい実績があっても、その経験則が今の状況で通用するとは限りません。したがってこれからは「自分には自分のやり方がある」という頑なな姿勢を貫くのではなく、環境や状況に応じて最適なビジネススキルを身に付けることが求められます。もちろんそれ(得るべきスキル)は、業種や職 種によっても違いますし、若手社員と皆さんのような管理職の方々でも異なります。

主観を挟まず指示する力

管理職の方々がビジネススキルを学ぶセミナーなどで基本となっているのが、ハーバード大学教授のロバート・カッツ氏が提唱している「カッツ・モデル」呼ばれる3つの能力の棲み分けです。その内訳は、(1)テクニカル スキル(業務遂行能力)、(2)ヒューマンスキル(対人関係能力)、(3)コンセプチュアルスキル(概念化能力)などです。中でもとりわけ重要 視されているのが、3番目のコンセプチュアルスキルで「物事の本質を見極めて部下に正しく指示を出す」「主観を挟まず事実のみを伝達す る」といったものですが、実はこれが今の管理職の方々にはなかなか出来ないそうです。つまり、本来は主観を挟まず指示を出すところでも、つい、自らの成功体験をベースに「おれならこうする」という話し方になってしまうのです。

仕事をゆだねる気概と失敗を許す度量

マネジメントクラスの方々にパワーポイントが使えるか否かを問うことはナンセンスです。それは経営における必須のビジネススキルではありません。経営トップ、あるいは管理職の方々に求められるスキルとは、人材育成という重要な経営課題に対してどのように向き合うかに他なりません。そのためにはやはり、コンセプチュアルスキルの向上が欠かすことがで きません。「仕事を部下にゆだねる気概」や「失敗を許す度量」など、懐の深さのようなものが管理職には必要です。そうしたスキルを持った マネジメントのもとにこそ、今の時代に相応しい、チャレンジングで勢いのある企業風土と優れた人材が育って行くはず。いわば管理職の方々 が底上げすべきビジネススキルとは「人間力」と言うことができるかも知れません。
Takahiro Yoshimura
吉村高廣
日本テレビ系列静岡第一テレビ(SDT)、株式会社マドラコミュニケーションズでキャリアを積み、広告制作を主とする有限会社レイジェスを創設。代表取締役。提案型のコピーライター、クリエイティブディレクターとして各界の広告制作プロジェクトに参画。また書籍の出版プロデューサーとして数多くのビジネス書の企画編集に携わる。
代表的なCEOへのインタビューをはじめ、ビジネス最前線で活躍するキーマンや医療、教育関連の有識者、著名人の取材など多数。ビジネスキーパーソンとのネットワークも広範に持ち、幅広い人脈の中で企業の広告広報活動に寄与する
■記事公開日:2014/05/15
▼編集部=構成 ▼監修=清野裕司 ▼編集部ライター・吉村高廣=文 ▼タイトル=大木恵子 ▼写真=素材辞典

過去の記事

リアル・ビジネス
英会話
〈3〉
I'm a businessman. 勘違いしやすい英単語 カタカナにあふれた日本では、「それが正しい英単語」・・・ 2017.06.08更新
働く男の健康ライフ
〈3〉
テニスボール1つで、話題の"筋膜リリース"を! 人間のカラダの中は筋膜という薄い膜で覆われており... 2017.06.02更新
エリア特集
〈13〉
日本経済の一翼を担う大阪市《前編》 大阪は、古くは首都として、近世以降は商工業の中心として栄え・・・ 2017.05.29更新
チャレンジ・スポーツ
〈10〉
社交ダンス 興味を持ったら、 二の足踏まずに、ステップ踏んで! 『Shall we ダンス?』という映画をご存知でしょうか。これ、といった趣味を持たない、 2017.05.26更新
今月の一言二言
〈7〉
"興味に対する瞬発力"を、あなたはお持ちですか? 日本生産性本部の「レジャー白書2016」によると、 2017.05.11更新
シリーズ清野裕司の談話室
〈2〉
キャリアデザインは、若手だけの課題なのか ここ近年、新入社員の離職率が問題視されています・・・・ 2017.05.02更新
企業見聞
〈13〉
スイーツブームを支えた製菓パッケージのトップランナーとして 製菓専門のパッケージメーカー柳井紙工株式会社は・・・・ 2017.04.24更新
リーダーズ・アイ
〈1〉
映画監督・大友啓史の視点 3月18日に公開された映画『3月のライオン』が話題を集めています・・・ 2017.04.17更新
リアル・ビジネス
英会話
〈2〉
You're most welcome. お礼への返し言葉 ジョークのつもりが差別的な発言になったり、ついレディファーストを忘れたり... 2017.04.04更新
働く男の健康ライフ
〈2〉
椅子ヨガで呼吸を整え、カラダとココロの健康を 日常生活の中で最も大事なものは呼吸です・・・・・ 2017.03.24更新
シリーズ清野裕司の談話室
〈1〉
デザインは性能を超えたのか マーケティングの世界には、その時々によって時流を読み解く・・・・ 2017.03.07更新
今月の一言二言
〈6〉
中小企業にも"プレミアムフライデー"は定着するのか? 仕事帰りのはずなのに、まだ明るいうちからジョッキを手に・・・ 2017.03.07更新

バックナンバー※2017.04.17 現在