NEXT次のアクションへ NEXT次のアクションへ

NEXT次のアクションへ

いま企業はどんな人材を求めているのか

近年のビジネスパーソンにとって『コミュニケーション能力』は必須のスキルといわれます。2012年に経団連が行った『求められる人材像』のアンケートでも、これまで企業が人材採用時に重視してきた『仕事に対する熱意』や『職業意識』を抜き、82.6%もの企業が『コミュニケーション能力』を一番に挙げており、人材評価の判断基準が垣間見えます。こうした現状を受け、就職活動を行う学生や対人関係に自信が持てないビジネスパーソンたちに、コミュニケーション能力を高める書籍が飛ぶように売れ、セミナーは大盛況という現象が生まれています。今回はこの『コミュニケーション能力』について考察します。

コミュニケーションスキルは世代間の橋渡し

コミュニケーション能力が着目される一番の理由は、世代間におけるギャップにあるといわれます。世代が違うと「何を考えているか分からない」とか「本心が見えない」という人が多く、彼らはそれが仕事に支障をきたすと考えます。つまり、お互いに腹を割って会話ができ、共通の感情や言語を持っていてこそいい仕事ができる。多くの企業がコミュニケーション能力を求める理由はここです。確かにそれが実現できれば会社は素晴らしい共同体となるでしょう。しかしながら「人の気持ちを理解しよう」というところから始めてしまうと、営利追求に向けたビジネス・スピードが減速することもにもなりかねません。

フラットな人間関係をいかに築くか

現在の『コミュニケーション能力ブーム』について、経営戦略論の研究者はこう指摘します。「ビジネスにおいては、ある1つのテーマに対して"私はこう思うが、あなたはどう思うか"ということを率直に語り合えることが大切です。そこに人間性を問う必要はなく、相手が多少異端児で、仮に自分と気が合わなくても、それが素晴らしい意見であれば採用すればいいのです。そうしたフラットな人間関係を築けることが真のコミュニケーション能力でしょうし、会社が躍進していく源にもなるはずです」と。

ほんとうの力は仕事を通して磨かれる

今いわれているコミュニケーション能力とは『人間を知ろう』とか『相手を傷つけないようにしよう』というところが軸になっています。つまり、相手の顔色を気にしながら向き合うことがコミュニケーションの大前提になっているようです。だからこそ、あらゆる書籍やセミナーで、まずは「人と向き合うときは常に笑顔で、相手が話すときはタイミング良くうなづきましょう」といった『気遣いの原則』がレクチャーされるわけです。しかしながら実際のビジネスでそれを応用しようと思っても、ストレスが溜まるばかりでなかなか上手くいことはない。これが現実です。
一緒に考えなくてはならないテーマについて忌憚なく意見をぶつけ合える関係づくりこそが今求められる力。コミュニケーションの真理はここにあります。またそれを実行する力は、書籍やセミナーで学ぶものではなく、ビジネスの現場で揉まれながら体得していくものではないでしょうか。
Takahiro Yoshimura
吉村高廣
日本テレビ系列静岡第一テレビ(SDT)、株式会社マドラコミュニケーションズでキャリアを積み、広告制作を主とする有限会社レイジェスを創設。代表取締役。提案型のコピーライター、クリエイティブディレクターとして各界の広告制作プロジェクトに参画。また書籍の出版プロデューサーとして数多くのビジネス書の企画編集に携わる。
代表的なCEOへのインタビューをはじめ、ビジネス最前線で活躍するキーマンや医療、教育関連の有識者、著名人の取材など多数。ビジネスキーパーソンとのネットワークも広範に持ち、幅広い人脈の中で企業の広告広報活動に寄与する。
オフィスを借りたい・移転したい インターネットで簡単検索 e-miki.com
■記事公開日:2013/05/22
▼編集部=監修・構成 ▼編集部ライター・吉村高廣=文 ▼渡部恒雄=撮影

過去の記事

偉人たちの言葉
〈2〉
新しいことを始める時 私は仮説をつくらない。・・・ 2018.05.02更新
リアル・ビジネス
英会話〈8〉
〈8〉
At your earliest convenience. どう書く?お決まりのビジネスフレーズ 英文でメールを書こうとして、ふと「この日本語... 2018.05.02更新
大人の趣味活
〈2〉
そば打ち 味わう楽しみ 振る舞う喜び 中高年のビジネスマンに"無趣味"な人が増えているそうです。この企画はそう... 2018.04.23更新
オトコの休日クッキング
〈1〉
鶏のささみと豆苗サラダ/エリンギと舞茸のたらこソースがけ 男子たるもの厨房に入らず...なんてことは昔のはなし。今は、自分のことは自分で... 2018.04.20更新
リーダーズ・アイ
〈4〉
昭和女子大学理事長・総長 坂東眞理子の視点 官僚として長いキャリアをもち、大ベストセラーとなった「女性の品格」 2018.04.13更新
働く男の健康ライフ
〈7〉
「あれっ? 何だっけ...」が、最近ちょっと多すぎる 年齢を重ねると、誰もが"物忘れ"が気になり始めます。そして... 2018.04.09更新
ビジネスBOOK
〈2〉
世界のエリートはなぜ『美意識』を鍛えるのか? 書店を見渡すと、ビジネスを成功に導くための、様々なスキルが 2018.04.03更新
企業見聞
〈16〉
百花繚乱の"東京土産"市場で トップシェアを目指す 北海道なら白い恋人、仙台なら萩の月、名古屋なら青柳ういろう... 2018.03.20更新
若手のための
“自己キャリア”〈2〉
〈2〉
著作権を知ろう 昨年、日本音楽著作権協会(JASRAC)が民間の音楽教室からも... 2018.03.16更新
シリーズ
清野裕司の談話室〈6〉
〈6〉
ビジネスに求められる拙速の心がけ じっくり時間をかけて完成度の高い仕事をするのが... 2018.03.08更新
偉人たちの言葉
〈1〉
逆風に晒された時 何事も達成するまでは不可能に見えるものだ。... 2018.02.27更新
エリア特集
〈15〉
基地の街から先進的なビジネスエリアへ 東京都立川市 基地の街から先進的なビジネスエリアへ 進化が止まら... 2018.02.23更新

バックナンバー※2018.02.21 現在

文字サイズ