フォトギャラリー 日本の季・七十二候 #3

夏の風物詩の一つに、渦巻き型の蚊取り線香があります。寝しなに「ぶーん」と耳元を襲う蚊の高い羽音はうんざり。ならば蚊は駆除してしまいましょう、と蚊取り線香に火をつけます。

この蚊取り線香はもともと除虫菊などの天然植物を材料にして作られていたようですが、最近では化学薬品が主成分となっているようです。害虫駆除の殺虫剤として市販されています。

ところが、昭和初期の頃までは蚊を駆除するという発想ではなく、蚊を追い払う「蚊遣り(かやり)」という言葉が生きていました。昭和四十年代頃までは「蚊帳(かや)」もありました。蚊は駆除される害虫ではなく、人と一緒に暮らす生き物として受け入れていたように思えます。

蚊を題材とした句も多く残っています。「わが宿は蚊の小さきを馳走なり/松尾芭蕉」「古井戸や蚊に飛ぶ魚の音闇(くら)し/与謝蕪村」「夕空や蚊が鳴きだしてうつくしき/小林一茶」・・・暮らしぶりが垣間見られるような、気持ちがほっこりする句の中に、今では憎き蚊が登場しています。

八月初旬は暦の上では初秋です。それでも、いとわしい蚊を退治する日は続きそうですが。ここはひとつ、小さな蚊ごときに腹を立てずに、同じ生き物同士として自然に寄り添う大きく広い心持ちで、残りの夏を過ごしてみたいものです。

-----------▽-----------
■撮影者:ビーバーさん
■撮影日:2014/7/17
■カメラ:NIKON D610
■レンズ:Ai Nikkor 50mm f/1.2S
■SP:1/1600秒
■絞り:F/2.8
■感度:ISO-400
■露出補正:-0.3ステップ
■WB:AUTO
■撮影地:東京都千代田区神田神保町
------------------------

オフィスを借りたい・移転したい インターネットで簡単検索 e-miki.com
■記事公開日:2014/07/28
▼編集部=構成 ▼編集部ライター・渡部恒雄=文 ▼ビーバーさん=撮影

過去の記事

ビジネスBOOK
〈3〉
感動をつくれますか? 論理的には間違っていない。でも、何か違う。ピンとこない。 2018.07.09更新
日本の匠シリーズ
〈12〉
研磨の神業で唯一無二のビアタンブラー 新潟県燕市は知る人ぞ知る金属加工の町です... 2018.06.29更新
働く男の健康ライフ
〈8〉
解消!メタボにまつわる"誤解"のあれこれ 厚生労働省の調査によると、成人男性の肥満率は31.3%で... 2018.06.20更新
若手のための
“自己キャリア”〈3〉
〈3〉
MEMO入門 知人が取締役を務める広告制作会社でのことです... 2018.06.12更新
シリーズ
清野裕司の談話室〈7〉
〈7〉
必要なのは、仕事に対する瞬発力と対応力 前回は、高い完成度を求めて仕事に時間をかけるより... 2018.06.01更新
エリア特集
〈16〉
さいたま市随一のビジネスエリアでキーステーション さいたま市大宮区 大宮区は、さいたま市の中央部に位置し、中心には... 2018.05.30更新
領国経営
影の実力者たち〈2〉
〈2〉
アメとムチのコーチングによって、部下を「やる気」にさせた鬼"立花道雪" 「鬼道雪」と周辺の国々から恐れられた立花道雪は... 2018.05.28更新
偉人たちの言葉
〈2〉
新しいことを始める時 私は仮説をつくらない。・・・ 2018.05.02更新
リアル・ビジネス
英会話〈8〉
〈8〉
At your earliest convenience. どう書く?お決まりのビジネスフレーズ 英文でメールを書こうとして、ふと「この日本語... 2018.05.02更新
大人の趣味活
〈2〉
そば打ち 味わう楽しみ 振る舞う喜び 中高年のビジネスマンに"無趣味"な人が増えているそうです。この企画はそう... 2018.04.23更新
オトコの休日クッキング
〈1〉
鶏のささみと豆苗サラダ/エリンギと舞茸のたらこソースがけ 男子たるもの厨房に入らず...なんてことは昔のはなし。今は、自分のことは自分で... 2018.04.20更新
リーダーズ・アイ
〈4〉
昭和女子大学理事長・総長 坂東眞理子の視点 官僚として長いキャリアをもち、大ベストセラーとなった「女性の品格」 2018.04.13更新

バックナンバー※2018.02.21 現在

文字サイズ