主婦の目チェック《エビのしっぽ》 #10

「スポーツ観戦」

毒楼(DOKUROU)COLUMN WRITER

最近、全国レベルのスポーツ大会が「競技会」「体育祭」というイメージから、「フェスティバル」や「イベント」になっているのでは、という声をよく聞きます。どういうことでしょうか。競技をする、体育をする人が主体の大会が、主催者や企画会社、広告代理店が主体になるスポーツ大会が増えたと言うことだそうです。

市民マラソンやテニス大会、フットサル交流会など各自治体や交流仲間から生まれる競技会は、手弁当をもって応援しながら、選手達の日頃の成果を競い合うという、どこかホノボノとしたイメージがありました。

ところが、どの業界でも同じなのかもしれませんが、これはお金になる、という損益分岐点が見えたとき、体育のお祭は企画運営主体のフェスティバルになるのかもしれません。

イベントプランナーが企画し、コーディネーターが集客をし、テレビやラジオなどが試合を生中継する。そこに映し出される選手達の感動秘話、美しいアスリートの姿に釘付けになる。居間でチェアに座りながら世界中のプレイヤー達に会える時代になっています。

でも何かが違う。なんだろう。それはライブ感ではないでしょうか。実際にスポーツ大会の会場に行ってみると。会場全体のウネリのような一体感を味わえることができます。思いのほか不思議な興奮に包まれます。相撲などは砂被りで観ているだけで迫力が違います。いわゆる野球のネット裏で、小学生達のプレーを観ているだけでも楽しくて仕方がありません。つまりスポーツ観戦は生、ライブが一番だということではないでしょうか。

みんな大事・どれも大切 主婦の目チェック エビのしっぽ

《プロフィール》

イラスト:主婦イラストレーター伊東ぢゅん子:千葉県浦安市在住。大人向け子供向けと、幅広く絵を書いてウン十年。トイプードルとネコ2匹を溺愛している主婦であり、趣味はへたくそなゴルフ。一升瓶の焼酎を横において、毎晩晩酌するただの親父化した呑み助。 伊東ぢゅん子WEBサイト

テキスト:毎日の暮らしに小さな幸せ発見コラムニスト・毒楼(どくろう):1958年生まれ。大手広告代理店コピーライターを経てフリーランサー。幸せは道端に落ちている、がモットーのライター。美味しいお酒と音楽があれば生きていけると豪語。
■記事公開日:2016/10/03 ■記事取材日: 2016/10/02 *記事内容は取材当日の情報です
▼編集部=構成 ▼編集部ライター・渡部恒雄=監修 ▼コラムニスト毒桜(どくろう)=文 ▼伊東ぢゅん子=4コマ漫画

過去の記事

リアル・ビジネス
英会話
〈5〉
This is he. それは私です 本語でのやり取りでさえ、多少の緊張を強いられたり... 2017.10.03更新
シリーズ清野裕司の談話室
〈4〉
いまの時代"ベンチマーク"は有効なのか? 上手くいっている企業の仕組みを手本にしているのに... 2017.09.26更新
日本の匠シリーズ
〈10〉
表現を行う上では、男も女もない。 大切なのは、妥協なく精進し、覚悟を持つこと。 およそ300万人もの観客が訪れた今年の青森ねぶた祭... 2017.09.21更新
働く男の健康ライフ
〈5〉
また今日も眠れない...、その理由は?改善策は? 皆さんは毎晩十分な睡眠をとれていますか?... 2017.09.19更新
今月の一言二言
〈9〉
もし、エディー・ジョーンズが、あなたの上司だったら 2015年のラグビーワールドカップで、世界3位の南アフリカを破った日本... 2017.09.05更新
エリア特集
〈14〉
日本経済の一翼を担う大阪市《後編》 1970年3月15日から9月13日まで開催され、6421万8770人もの人々が訪れた大阪万博... 2017.08.25更新
チャレンジ・スポーツ
〈11〉
卓球 老若男女を問わず、 長く続けられる趣味として! 運動不足解消や健康維持を目的にスポーツをはじめても、何かしら目標がないとなかな... 2017.08.25更新
リアル・ビジネス
英会話
〈4〉
Don't be sorry! 謝る必要はないよ アメリカにきたばかりの日本人は、すぐに「Sorry」 を... 2017.08.03更新
企業見聞
〈14〉
ペット関連市場で業界資産の拡大をも視野にイノベーションを 多くの産業が成熟期を迎え成長率が頭打ちとなる中、犬や猫... 2017.07.26更新
働く男の健康ライフ
〈4〉
飲食の習慣を見直して"夏太り"と"夏バテ"を解消! たくさん汗をかくし、あまりの暑さに食欲もない...だから夏は... 2017.07.18更新
リーダーズ・アイ
〈2〉
女子卓球元日本代表監督・村上恭和の視点 時間と手間を惜しまない。これが、選手の心を掌握してきた村上流マネジメント 2017.07.13更新
シリーズ清野裕司の談話室
〈3〉
なぜいまだに『論語』が読み継がれているのか? ビジネスパーソンとしても、ひとりの人間としても十分... 2017.07.12更新

バックナンバー※2017.04.17 現在