主婦の目チェック《エビのしっぽ》 #8

「ありがとうございます」

毒楼(DOKUROU)COLUMN WRITER

料理を注文するときに店員に声をかける「すいません」が、海外から来た方にすると不思議だと言うのです。忙しいところ恐縮ですが注文したいので、という意味なのに「なぜ謝るの?」となるらしい。

日本人は、失礼を詫びるときも、お土産をいただいたときも、席を譲ってもらったときも、何かを頼むときも「すいません」と言ってしまう傾向が強いようです。コミュニケーションの中で謙遜するということが、自然と身についているのではないでしょうか。

実は人に何かを頼むときは「恐れ入ります」、謝るときは「申し訳ありません」という、そのシーンに適した言葉があります。お礼をするときは「ありがとうございます」です。さらに「ありがとう」はどことなくプラスのイメージがあります。

日本の経済に暗いニュースが多いのは「ありがとう」「感謝する」気持ちが足りないからだ、と話していた学者がいましたが、気持ちが下向きではプラスになるものもプラスになりません。

今年8月11日、山の日が祝日として加わります。山の恩恵に感謝する日ということだそうです。勤労感謝の日、敬老の日・・・祝日以外でも、感謝する日は多くあります。「ありがとう」を言えるシーンはたくさんあります。声に出して感謝の気持ちを伝えることで経済が上向きになるのであれば、どんどん実践したいものです。 昭和の大落語家、林家三平師匠は額にゲンコツをかざして「どうも、すいません」と笑いをとっていました。これからは「どうも、ありがとう」で笑いがとまらない上向き経済を願うばかりです。

みんな大事・どれも大切 主婦の目チェック エビのしっぽ

《プロフィール》

イラスト:主婦イラストレーター伊東ぢゅん子:千葉県浦安市在住。大人向け子供向けと、幅広く絵を書いてウン十年。トイプードルとネコ2匹を溺愛している主婦であり、趣味はへたくそなゴルフ。一升瓶の焼酎を横において、毎晩晩酌するただの親父化した呑み助。 伊東ぢゅん子WEBサイト

テキスト:毎日の暮らしに小さな幸せ発見コラムニスト・毒楼(どくろう):1958年生まれ。大手広告代理店コピーライターを経てフリーランサー。幸せは道端に落ちている、がモットーのライター。美味しいお酒と音楽があれば生きていけると豪語。
オフィスを借りたい・移転したい インターネットで簡単検索 e-miki.com
■記事公開日:2016/05/26
▼編集部=構成 ▼編集部ライター・渡部恒雄=監修 ▼コラムニスト毒桜(どくろう)=文 ▼伊東ぢゅん子=4コマ漫画

過去の記事

ビジネスBOOK
〈3〉
感動をつくれますか? 論理的には間違っていない。でも、何か違う。ピンとこない。 2018.07.09更新
日本の匠シリーズ
〈12〉
研磨の神業で唯一無二のビアタンブラー 新潟県燕市は知る人ぞ知る金属加工の町です... 2018.06.29更新
働く男の健康ライフ
〈8〉
解消!メタボにまつわる"誤解"のあれこれ 厚生労働省の調査によると、成人男性の肥満率は31.3%で... 2018.06.20更新
若手のための
“自己キャリア”〈3〉
〈3〉
MEMO入門 知人が取締役を務める広告制作会社でのことです... 2018.06.12更新
シリーズ
清野裕司の談話室〈7〉
〈7〉
必要なのは、仕事に対する瞬発力と対応力 前回は、高い完成度を求めて仕事に時間をかけるより... 2018.06.01更新
エリア特集
〈16〉
さいたま市随一のビジネスエリアでキーステーション さいたま市大宮区 大宮区は、さいたま市の中央部に位置し、中心には... 2018.05.30更新
領国経営
影の実力者たち〈2〉
〈2〉
アメとムチのコーチングによって、部下を「やる気」にさせた鬼"立花道雪" 「鬼道雪」と周辺の国々から恐れられた立花道雪は... 2018.05.28更新
偉人たちの言葉
〈2〉
新しいことを始める時 私は仮説をつくらない。・・・ 2018.05.02更新
リアル・ビジネス
英会話〈8〉
〈8〉
At your earliest convenience. どう書く?お決まりのビジネスフレーズ 英文でメールを書こうとして、ふと「この日本語... 2018.05.02更新
大人の趣味活
〈2〉
そば打ち 味わう楽しみ 振る舞う喜び 中高年のビジネスマンに"無趣味"な人が増えているそうです。この企画はそう... 2018.04.23更新
オトコの休日クッキング
〈1〉
鶏のささみと豆苗サラダ/エリンギと舞茸のたらこソースがけ 男子たるもの厨房に入らず...なんてことは昔のはなし。今は、自分のことは自分で... 2018.04.20更新
リーダーズ・アイ
〈4〉
昭和女子大学理事長・総長 坂東眞理子の視点 官僚として長いキャリアをもち、大ベストセラーとなった「女性の品格」 2018.04.13更新

バックナンバー※2018.02.21 現在

文字サイズ