リアル・ビジネス英会話 #3

I'm a businessman. 勘違いしやすい英単語

カタカナにあふれた日本では、「それが正しい英単語」と勘違いして使っている言葉が多くあります。日本人同士なら通じるけれど、海外で使うと「何を言ってるの?」ということにもなりかねません。気をつけたいものです。

たとえば空港の税関で...
「職業は何ですか?」と聞かれ、
"I'm a salaryman. (私はサラリーマンです)"
と答える日本人が少なからずいます。
しかし、「サラリーマン」は和製英語。しかもLとRが混在していて発音も難しく、伝わりにくい言葉です。

この場合は、
"I'm a businessman. (私はビジネスマンです)"
と答えるのがスッキリしていいでしょう。


ビジネスシーンの会話なら...
"My secretary is naive.(私の秘書はナイーブなんです)"
しかし「ナイーブ」は本来、「うぶ」とか「世間知らず」という意味です。 これを聞いた人は、あなたが秘書の悪口を言っていると思うかも知れません。

こうした場合は
"She is sensitive.(彼女は気にしやすいんです)"
"She is delicate.(彼女は繊細なんです)"
などが、伝えたかった本来の言葉に近いのではないでしょうか。


また違ったビジネスシーンでは...
"We got a go sign.(ゴーサインをもらった)"
「ゴーサイン」は進めの"標識"を意味しますので間違いではありませんが...
"We got a green light!(許可をもらったぞ!)"
"The new project has been approved.(新しいプロジェクトに承認が下りた)"
などが、より一般的に使われています。


ほかにも誤解されやすい英単語を挙げてみましょう。《○》の付いた方が本来の意味です。
スマート (smart):痩せている、スタイルがいい《×》 賢い、洗練されている《○》
ユニーク (unique): 面白い《×》 独特、唯一《○》
グラマー (glamour):胸の豊かな人《×》 美貌、魅力(人とは限らない)《○》
マンション (mansion):中高層の集合住宅《×》 大邸宅《○》

ビジネスシーンでは気をつけたい英単語もありますが、私の経験上、英会話の上達は、間違いを怖れずたくさん話すこと。気の置けない相手とは些細なことは気にせずに、積極的に会話を楽しんでください!
オフィスを借りたい・移転したい インターネットで簡単検索 e-miki.com
■記事公開日:2017/06/08
▼構成=編集部:吉村高廣 ▼文=古賀るう(ニューヨーク・ニュージャージーでワーキングウーマン23年) ▼写真=古賀るう

過去の記事

働く男の健康ライフ
〈8〉
解消!メタボにまつわる"誤解"のあれこれ 厚生労働省の調査によると、成人男性の肥満率は31.3%で... 2018.06.20更新
若手のための
“自己キャリア”〈3〉
〈3〉
MEMO入門 知人が取締役を務める広告制作会社でのことです... 2018.06.12更新
シリーズ
清野裕司の談話室〈7〉
〈7〉
必要なのは、仕事に対する瞬発力と対応力 前回は、高い完成度を求めて仕事に時間をかけるより... 2018.06.01更新
エリア特集
〈16〉
さいたま市随一のビジネスエリアでキーステーション さいたま市大宮区 大宮区は、さいたま市の中央部に位置し、中心には... 2018.05.30更新
領国経営
影の実力者たち〈2〉
〈2〉
アメとムチのコーチングによって、部下を「やる気」にさせた鬼"立花道雪" 「鬼道雪」と周辺の国々から恐れられた立花道雪は... 2018.05.28更新
偉人たちの言葉
〈2〉
新しいことを始める時 私は仮説をつくらない。・・・ 2018.05.02更新
リアル・ビジネス
英会話〈8〉
〈8〉
At your earliest convenience. どう書く?お決まりのビジネスフレーズ 英文でメールを書こうとして、ふと「この日本語... 2018.05.02更新
大人の趣味活
〈2〉
そば打ち 味わう楽しみ 振る舞う喜び 中高年のビジネスマンに"無趣味"な人が増えているそうです。この企画はそう... 2018.04.23更新
オトコの休日クッキング
〈1〉
鶏のささみと豆苗サラダ/エリンギと舞茸のたらこソースがけ 男子たるもの厨房に入らず...なんてことは昔のはなし。今は、自分のことは自分で... 2018.04.20更新
リーダーズ・アイ
〈4〉
昭和女子大学理事長・総長 坂東眞理子の視点 官僚として長いキャリアをもち、大ベストセラーとなった「女性の品格」 2018.04.13更新
働く男の健康ライフ
〈7〉
「あれっ? 何だっけ...」が、最近ちょっと多すぎる 年齢を重ねると、誰もが"物忘れ"が気になり始めます。そして... 2018.04.09更新
ビジネスBOOK
〈2〉
世界のエリートはなぜ『美意識』を鍛えるのか? 書店を見渡すと、ビジネスを成功に導くための、様々なスキルが 2018.04.03更新

バックナンバー※2018.02.21 現在

文字サイズ