現役商社マンによる実践ビジネス英会話 #4

シンプルだからこそ心に響くフレーズがあります。

前回はオバマ大統領の"We will get to the bottom of this !"について触れましたが、今回はオバマ大統領の演説から特に有名な"Yes we can"についてお話ししましょう。

ご存知の通り、米国は多様な民族、宗教、文化、価値観等から成り立っている多民族国家なので、米国のリーダーは可能な限り簡単な単語と言い回しを駆使して自分のビジョンや思いなどを共有しようと努力します。

"Yes we can"は英語を覚えた頃の中学生ならば「はい、私たちは(そうすることが)できる」という訳になります。ところがオバマ大統領の演説ではこれに信念ともの凄いエネルギー込めており、次の通りブレークダウンすることができます。
Yes we can

Yes = 「はい」というよりも、ガッツポースの "Yes!!" 。聞き手を前向きにさせる。
we = 「我々」と訳するよりも「ぼくら」というニュアンス。一体感を醸成している。
can = 「できる」ではなく「やれる」と理解したほうが自然。より挑戦的な目標を達成するイメージ。
"Yes we can"は単なるフレーズではなく、キャッチフレーズ的な意味合いも込めて、「一緒に頑張れば必ず出来る!」、つまり「為せば成る!」と多くの人に訴える言葉となった瞬間でした。非常に簡単なフレーズではあるものの、むしろシンプルだからこそ、多様な米国民はもちろんのこと、世界中の人々の耳に焼きつくフレーズとなったのではないでしょうか。

商談中、暗礁に乗り上がって長い沈黙が続くことがありますね。そんな時に、勇気を出して"Yes we can"と叫んだら、思いのほか良い方向に商談の流れが変わるかも知れませんね。
オフィスを借りたい・移転したい インターネットで簡単検索 e-miki.com
■記事公開日:2013/08/21
▼編集部=構成 ▼編集部ライター・渡部恒雄=監修 ▼30年間海外とビジネスを進めてきた現役商社マン沢田浩一(仮)55歳=文 ▼写真=アマナイメージズ

過去の記事

大人の趣味活
〈3〉
プラモデル 究極の自己満足を、ぜひあなたも! 昭和30年代、40年代生まれの方(主に男性)にとって... 2018.08.17更新
リアル・ビジネス
英会話〈9〉
〈9〉
Can I take a rain check? 野球由来のイディオム 夏に話題になるスポーツと言えば「野球」... 2018.08.08更新
オトコの休日クッキング
〈2〉
海南(はいなん)チキンライス 記録的な猛暑が続く今年の夏... 2018.08.07更新
偉人たちの言葉
〈3〉
怒りについて 頭に来たら、4つ数えろ... 2018.07.30更新
領国経営
影の実力者たち〈3〉
〈3〉
天下取りを支えたNO.2"蜂須賀正勝" 正勝が育った濃尾平野は、木曽川や長良川、揖斐川といった... 2018.07.30更新
企業見聞
〈17〉
マーケティングとアイディアで業界のリーディングカンパニーへ 創業100年以上の老舗企業は、日本全国でわずか3万3069社... 2018.07.23更新
ビジネスBOOK
〈3〉
感動をつくれますか? 論理的には間違っていない。でも、何か違う。ピンとこない。 2018.07.09更新
日本の匠シリーズ
〈12〉
研磨の神業で唯一無二のビアタンブラー 新潟県燕市は知る人ぞ知る金属加工の町です... 2018.06.29更新
働く男の健康ライフ
〈8〉
解消!メタボにまつわる"誤解"のあれこれ 厚生労働省の調査によると、成人男性の肥満率は31.3%で... 2018.06.20更新
若手のための
“自己キャリア”〈3〉
〈3〉
MEMO入門 知人が取締役を務める広告制作会社でのことです... 2018.06.12更新
シリーズ
清野裕司の談話室〈7〉
〈7〉
必要なのは、仕事に対する瞬発力と対応力 前回は、高い完成度を求めて仕事に時間をかけるより... 2018.06.01更新
エリア特集
〈16〉
さいたま市随一のビジネスエリアでキーステーション さいたま市大宮区 大宮区は、さいたま市の中央部に位置し、中心には... 2018.05.30更新

バックナンバー※2018.02.21 現在

文字サイズ