現役商社マンによる実践ビジネス英会話 #4

シンプルだからこそ心に響くフレーズがあります。

前回はオバマ大統領の"We will get to the bottom of this !"について触れましたが、今回はオバマ大統領の演説から特に有名な"Yes we can"についてお話ししましょう。

ご存知の通り、米国は多様な民族、宗教、文化、価値観等から成り立っている多民族国家なので、米国のリーダーは可能な限り簡単な単語と言い回しを駆使して自分のビジョンや思いなどを共有しようと努力します。

"Yes we can"は英語を覚えた頃の中学生ならば「はい、私たちは(そうすることが)できる」という訳になります。ところがオバマ大統領の演説ではこれに信念ともの凄いエネルギー込めており、次の通りブレークダウンすることができます。
Yes we can

Yes = 「はい」というよりも、ガッツポースの "Yes!!" 。聞き手を前向きにさせる。
we = 「我々」と訳するよりも「ぼくら」というニュアンス。一体感を醸成している。
can = 「できる」ではなく「やれる」と理解したほうが自然。より挑戦的な目標を達成するイメージ。
"Yes we can"は単なるフレーズではなく、キャッチフレーズ的な意味合いも込めて、「一緒に頑張れば必ず出来る!」、つまり「為せば成る!」と多くの人に訴える言葉となった瞬間でした。非常に簡単なフレーズではあるものの、むしろシンプルだからこそ、多様な米国民はもちろんのこと、世界中の人々の耳に焼きつくフレーズとなったのではないでしょうか。

商談中、暗礁に乗り上がって長い沈黙が続くことがありますね。そんな時に、勇気を出して"Yes we can"と叫んだら、思いのほか良い方向に商談の流れが変わるかも知れませんね。
オフィスを借りたい・移転したい インターネットで簡単検索 e-miki.com
■記事公開日:2013/08/21
▼編集部=構成 ▼編集部ライター・渡部恒雄=監修 ▼30年間海外とビジネスを進めてきた現役商社マン沢田浩一(仮)55歳=文 ▼写真=アマナイメージズ

過去の記事

オトコの休日クッキング
〈1〉
鶏のささみと豆苗サラダ/エリンギと舞茸のたらこソースがけ 男子たるもの厨房に入らず...なんてことは昔のはなし。今は、自分のことは自分で... 2018.04.20更新
リーダーズ・アイ
〈4〉
昭和女子大学理事長・総長 坂東眞理子の視点 官僚として長いキャリアをもち、大ベストセラーとなった「女性の品格」 2018.04.13更新
働く男の健康ライフ
〈7〉
「あれっ? 何だっけ...」が、最近ちょっと多すぎる 年齢を重ねると、誰もが"物忘れ"が気になり始めます。そして... 2018.04.09更新
ビジネスBOOK
〈2〉
世界のエリートはなぜ『美意識』を鍛えるのか? 書店を見渡すと、ビジネスを成功に導くための、様々なスキルが 2018.04.03更新
企業見聞
〈16〉
百花繚乱の"東京土産"市場で トップシェアを目指す 北海道なら白い恋人、仙台なら萩の月、名古屋なら青柳ういろう... 2018.03.20更新
若手のための
“自己キャリア”〈2〉
〈2〉
著作権を知ろう 昨年、日本音楽著作権協会(JASRAC)が民間の音楽教室からも... 2018.03.16更新
シリーズ
清野裕司の談話室〈6〉
〈6〉
ビジネスに求められる拙速の心がけ じっくり時間をかけて完成度の高い仕事をするのが... 2018.03.08更新
偉人たちの言葉
〈1〉
逆風に晒された時 何事も達成するまでは不可能に見えるものだ。... 2018.02.27更新
エリア特集
〈15〉
基地の街から先進的なビジネスエリアへ 東京都立川市 基地の街から先進的なビジネスエリアへ 進化が止まら... 2018.02.23更新
大人の趣味活
〈1〉
あなたの毎日に、音楽を奏でる幸せを "ウクレレ" 中高年のビジネスマンに"無趣味"な人が増えているそうです。この企画はそう... 2018.02.19更新
リアル・ビジネス
英会話〈7〉
〈7〉
You might want to... 人に行動を促したいとき ビジネスでは、誰かに具体的な行動を促したい場面や... 2018.02.07更新
ビジネスBOOK
〈1〉
センスは知識からはじまる あなたは自分で「センスがいい」と思いますか? それとも「イマイチ」だと... 2018.01.30更新

バックナンバー※2018.02.21 現在

文字サイズ