現役商社マンによる実践ビジネス英会話 #4

シンプルだからこそ心に響くフレーズがあります。

前回はオバマ大統領の"We will get to the bottom of this !"について触れましたが、今回はオバマ大統領の演説から特に有名な"Yes we can"についてお話ししましょう。

ご存知の通り、米国は多様な民族、宗教、文化、価値観等から成り立っている多民族国家なので、米国のリーダーは可能な限り簡単な単語と言い回しを駆使して自分のビジョンや思いなどを共有しようと努力します。

"Yes we can"は英語を覚えた頃の中学生ならば「はい、私たちは(そうすることが)できる」という訳になります。ところがオバマ大統領の演説ではこれに信念ともの凄いエネルギー込めており、次の通りブレークダウンすることができます。
Yes we can

Yes = 「はい」というよりも、ガッツポースの "Yes!!" 。聞き手を前向きにさせる。
we = 「我々」と訳するよりも「ぼくら」というニュアンス。一体感を醸成している。
can = 「できる」ではなく「やれる」と理解したほうが自然。より挑戦的な目標を達成するイメージ。
"Yes we can"は単なるフレーズではなく、キャッチフレーズ的な意味合いも込めて、「一緒に頑張れば必ず出来る!」、つまり「為せば成る!」と多くの人に訴える言葉となった瞬間でした。非常に簡単なフレーズではあるものの、むしろシンプルだからこそ、多様な米国民はもちろんのこと、世界中の人々の耳に焼きつくフレーズとなったのではないでしょうか。

商談中、暗礁に乗り上がって長い沈黙が続くことがありますね。そんな時に、勇気を出して"Yes we can"と叫んだら、思いのほか良い方向に商談の流れが変わるかも知れませんね。
■記事公開日:2013/08/21
▼編集部=構成 ▼編集部ライター・渡部恒雄=監修 ▼30年間海外とビジネスを進めてきた現役商社マン沢田浩一(仮)55歳=文 ▼写真=アマナイメージズ

過去の記事

リアル・ビジネス
英会話
〈3〉
I'm a businessman. 勘違いしやすい英単語 カタカナにあふれた日本では、「それが正しい英単語」・・・ 2017.06.08更新
働く男の健康ライフ
〈3〉
テニスボール1つで、話題の"筋膜リリース"を! 人間のカラダの中は筋膜という薄い膜で覆われており... 2017.06.02更新
エリア特集
〈13〉
日本経済の一翼を担う大阪市《前編》 大阪は、古くは首都として、近世以降は商工業の中心として栄え・・・ 2017.05.29更新
チャレンジ・スポーツ
〈10〉
社交ダンス 興味を持ったら、 二の足踏まずに、ステップ踏んで! 『Shall we ダンス?』という映画をご存知でしょうか。これ、といった趣味を持たない、 2017.05.26更新
今月の一言二言
〈7〉
"興味に対する瞬発力"を、あなたはお持ちですか? 日本生産性本部の「レジャー白書2016」によると、 2017.05.11更新
シリーズ清野裕司の談話室
〈2〉
キャリアデザインは、若手だけの課題なのか ここ近年、新入社員の離職率が問題視されています・・・・ 2017.05.02更新
企業見聞
〈13〉
スイーツブームを支えた製菓パッケージのトップランナーとして 製菓専門のパッケージメーカー柳井紙工株式会社は・・・・ 2017.04.24更新
リーダーズ・アイ
〈1〉
映画監督・大友啓史の視点 3月18日に公開された映画『3月のライオン』が話題を集めています・・・ 2017.04.17更新
リアル・ビジネス
英会話
〈2〉
You're most welcome. お礼への返し言葉 ジョークのつもりが差別的な発言になったり、ついレディファーストを忘れたり... 2017.04.04更新
働く男の健康ライフ
〈2〉
椅子ヨガで呼吸を整え、カラダとココロの健康を 日常生活の中で最も大事なものは呼吸です・・・・・ 2017.03.24更新
シリーズ清野裕司の談話室
〈1〉
デザインは性能を超えたのか マーケティングの世界には、その時々によって時流を読み解く・・・・ 2017.03.07更新
今月の一言二言
〈6〉
中小企業にも"プレミアムフライデー"は定着するのか? 仕事帰りのはずなのに、まだ明るいうちからジョッキを手に・・・ 2017.03.07更新

バックナンバー※2017.04.17 現在