現役商社マンによる実践ビジネス英会話 #3

語彙を広げる簡単な単語top & bottom。

第1回で「リンゴ」、第2回では「木の実の殻」と、植物に引っ掛けた話が続きましたので、今回は少し指向を変えて"top & bottom"についてお話ししましょう。

"top"とえいば、「売り上げトップ」と言う風に外来語として日本語に定着していますね。"bottom"も「トップ・ダウンかボトム・アップか?」というようにビジネスシーンではよく聞かれます。
日常的によく使われているトップとボトムも、英語では語彙を広げるのに役立ちます。
1)stay on top of xxx
(直訳は「xxxの上に居続ける」。別の意味では「xxx(の状況)を常に把握する」)
2)get to the bottom of yyy
(直訳は「yyyの底に着く」。別の意味では「yyyの真相を究明する」)
1)のフレーズ例をご紹介しましょう。"I will stay on top of the project." は、「私はそのプロジェクトの進捗を常に把握しておきます」というニュアンスになります。そのプロジェクトを優先的に取り組む姿勢を相手にアピールする時に効果的なフレーズです。

2)"We will get to the bottom of this!" これは、先日のボストンマラソン爆破事件後の記者会見でオバマ大統領が発言した一文です。犯人探しの執念が実によく伝わってきます。このフレーズはビジネスにおいても応用が利きます。トラブルやクレームなどが発生した時に使えますので、ぜひ使ってみてください。

商談が佳境に入ったときなど、ここぞと言う時にこれらのフレーズが反射的に出たら迫力が出ますね。反復練習をして体で覚えましょう。
■記事公開日:2013/07/22
▼編集部=構成 ▼編集部ライター・渡部恒雄=監修 ▼30年間海外とビジネスを進めてきた現役商社マン沢田浩一(仮)55歳=文 ▼写真=アマナイメージズ

過去の記事

リアル・ビジネス
英会話
〈6〉
What does it stand for? それは何の略ですか 英会話がついていけなくなるのは、むずかしい単語が... 2017.12.01更新
チャレンジ・スポーツ
〈12〉
50才を過ぎて!スカッシュ おしゃれなトレンディ・スポーツ"として人気を集めたスカッシュ... 2017.11.24更新
シリーズ清野裕司の談話室
〈5〉
効率化時代の中小企業のビジネスデザイン 「デザイン」をキーワードに、マーケティングとの関係性を... 2017.11.20更新
リーダーズ・アイ
〈3〉
元広島東洋カープ・2013WBC日本代表監督・山本浩二の視点 "ミスター赤ヘル"こと山本浩二さん。広島東洋カープの第一次黄金期のス... 2017.11.13更新
今月の一言二言
〈10〉
アナログの極み『広辞苑』は、なぜ売れ続けているのか 『クラウド、赤塚不二夫...広辞苑にのりのり』これは... 2017.11.04更新
企業見聞
〈15〉
グローバル戦略で、 世界の麺市場を席巻する 2015年9月。日本企業の進出ラッシュが加速していた... 2017.10.25更新
リアル・ビジネス
英会話
〈5〉
This is he. それは私です 本語でのやり取りでさえ、多少の緊張を強いられたり... 2017.10.03更新
シリーズ清野裕司の談話室
〈4〉
いまの時代"ベンチマーク"は有効なのか? 上手くいっている企業の仕組みを手本にしているのに... 2017.09.26更新
日本の匠シリーズ
〈10〉
表現を行う上では、男も女もない。 大切なのは、妥協なく精進し、覚悟を持つこと。 およそ300万人もの観客が訪れた今年の青森ねぶた祭... 2017.09.21更新
働く男の健康ライフ
〈5〉
また今日も眠れない...、その理由は?改善策は? 皆さんは毎晩十分な睡眠をとれていますか?... 2017.09.19更新
今月の一言二言
〈9〉
もし、エディー・ジョーンズが、あなたの上司だったら 2015年のラグビーワールドカップで、世界3位の南アフリカを破った日本... 2017.09.05更新
エリア特集
〈14〉
日本経済の一翼を担う大阪市《後編》 1970年3月15日から9月13日まで開催され、6421万8770人もの人々が訪れた大阪万博... 2017.08.25更新

バックナンバー※2017.04.17 現在