現役商社マンによる実践ビジネス英会話II #5

一行でインパクトのある表現。

ビジネスシーンで使う英会話だからと言って、必ずしも「硬く」話す必要はありません。場合によっては、気の利いたジョークなどを交えることで会話がスムーズになることはよくあることです。今回は、日本語でいうところの「気の利いた寸評」や「短いジョーク」という意味のOne-linerについてのお話をしましょう。

この「気の利いた寸評」や「短いジョーク」という日本語ですが、少々ニュアンスが違います。本当の面白さが伝わっていないかもしれません。あるSF映画で未来から来たロボットが発した、"I'll be back."は有名なOne-linerの一つですが、「私は戻って来る」と訳してしまうと面白くないのと同じです。One-linerのOneは「一つ」で、lineは「行」。つまり「一行でインパクトのある文」、「一発芸的な含蓄のある文」というイメージに近いかもしれません。
One-liner

"A long life may not be good enough, but a good life is long enough."

米国独立戦争時代の政治家兼物理学者ベンジャミン・フランクリン氏の有名な言葉で、「長生きは良くない場合があります、しかし、善良な人生は十分に長い」と訳されます。気の利いた寸評の一例です。

"Character is like a tree and reputation like a shadow.
The shadow is what we think of it; the tree is the real thing."

米国16代リンカーン大統領の有名な言葉で、人の性格を木に、その人の評判を木陰に例えたAnalogyです。こちらも気の利いた寸評となっています。


「気の利いた寸評」の一例をあげてみました。次に「短いジョーク」の例をあげてみます。その違いをお分かりいただけると思います。
One-liner

"Where there is a will, there are five hundred relatives."

Where there is a will, there is a way. (成せば成る:意志があるところに道あり)の"will"に「意志」と「遺書」の二つの意味があり、それに引っ掛けて「遺書を残すと500人の親戚が集まる。」と言う解釈になります。

"Marriage is like a bar of soap. It smells delicious until you take a bite of it! "

これもAnalogyですね。最初に「結婚は石鹸みたいだ」、続けてオチの解説「良い香りがする、一口食べるまでは...」。


最後の例はブラックジョーク的にはなっていますが、面白い「例え話」です。いかがでしたでしょうか。今回取り上げた文のように多くのOne-linerは比較的簡単な単語を使っていますので、ぜひ覚えて使ってみてください。
■記事公開日:2015/03/25
▼編集部=構成 ▼編集部ライター・渡部恒雄=監修 ▼30年間海外とビジネスを進めてきた現役商社マン沢田浩一(仮)=文 ▼写真=アマナイメージズ

過去の記事

リアル・ビジネス
英会話
〈4〉
Don't be sorry! 謝る必要はないよ アメリカにきたばかりの日本人は、すぐに「Sorry」 を... 2017.08.03更新
企業見聞
〈14〉
ペット関連市場で業界資産の拡大をも視野にイノベーションを 多くの産業が成熟期を迎え成長率が頭打ちとなる中、犬や猫... 2017.07.26更新
働く男の健康ライフ
〈4〉
飲食の習慣を見直して"夏太り"と"夏バテ"を解消! たくさん汗をかくし、あまりの暑さに食欲もない...だから夏は... 2017.07.18更新
リーダーズ・アイ
〈2〉
女子卓球元日本代表監督・村上恭和の視点 時間と手間を惜しまない。これが、選手の心を掌握してきた村上流マネジメント 2017.07.13更新
シリーズ清野裕司の談話室
〈3〉
なぜいまだに『論語』が読み継がれているのか? ビジネスパーソンとしても、ひとりの人間としても十分... 2017.07.12更新
今月の一言二言
〈8〉
マナー違反の"クールビズ"になっていませんか? いよいよ夏。ノーネクタイ、ノージャケットの... 2017.07.03更新
日本の匠シリーズ
〈9〉
お客さまの想いを判子に刻む 唯一無二の"顔づくり"を職人技で 日本で判子が普及し始めたのは、江戸時代の中期頃... 2017.06.28更新
リアル・ビジネス
英会話
〈3〉
I'm a businessman. 勘違いしやすい英単語 カタカナにあふれた日本では、「それが正しい英単語」・・・ 2017.06.08更新
働く男の健康ライフ
〈3〉
テニスボール1つで、話題の"筋膜リリース"を! 人間のカラダの中は筋膜という薄い膜で覆われており... 2017.06.02更新
エリア特集
〈13〉
日本経済の一翼を担う大阪市《前編》 大阪は、古くは首都として、近世以降は商工業の中心として栄え・・・ 2017.05.29更新
チャレンジ・スポーツ
〈10〉
社交ダンス 興味を持ったら、 二の足踏まずに、ステップ踏んで! 『Shall we ダンス?』という映画をご存知でしょうか。これ、といった趣味を持たない、 2017.05.26更新
今月の一言二言
〈7〉
"興味に対する瞬発力"を、あなたはお持ちですか? 日本生産性本部の「レジャー白書2016」によると、 2017.05.11更新

バックナンバー※2017.04.17 現在