現役商社マンによる実践ビジネス英会話II #3

仕事で使える、ありそうな比喩表現の会話。

実践ビジネス英会話コラム3回目は1回目、2回目に引き続き"Metaphor"(比喩)についてお話ししましょう

昨年、コラム執筆中に倒れまして3ヶ月ほど療養に専念してましたが、ようやくリハビリも順調に進み、昨秋、どうにか仕事現場には復帰することができました。たいへんご心配をおかけしましたこと、こちらのコラムを通しましてお詫び申し上げます。
久しぶりに社会復帰して、会社と言う所は物凄い体力と精神力が必要だなと改めて痛感しています。コラム2回目では体に関するMetaphorをご紹介しましたが、今回は体力と精神力を消耗する会社でありそうな会話をご紹介しましょう。
Metaphor

(A)I have a headache.
There are too many cooks in the kitchen and nothing gets done.
(B)I feel like I am walking on egg shells.
(A)I think sooner or later heads will roll.
(B)Let's watch our backs.

直訳すると・・・
(A)頭が痛いな!台所のコックが多すぎて何も進まないよ。
(B)まるで卵の殻の上を歩いているような気分になる。
(A)(そんなことしてたら)遅かれ早かれ頭が転がると思うよ。
(B)お互い、背中を見よう。

上記の会話を意訳すると次の通りですが、もう雰囲気はおわかりですね。
「頭が痛い」 → 「困ったことに」
「コックが多すぎる」 → 「船頭多くして船山に登る」
「卵の殻の上を歩く」 → 「綱渡り=危なっかっしい」
「頭が転がる」 → 「(会社を)クビになる」
「背中を見る」 → 「用心する」

Metaphorの面白いところは、意訳しなくても雰囲気で通じることです。例えば「船頭多くして船山に登る」を「コックが多すぎる」に訳す必要なく、素直に"Too many captains will steer the ship up a mountain."で殆どの人に通じるでしょう。「殆どの人」と言いましたのは、常識や価値観などを共有する人のことであって、「船頭...」の場合は船や山を知らない人には通じないかも知れません。このような場合どうすれば良いのでしょうか。次回、その事例をご紹介いたします。
■記事公開日:2015/01/15
▼編集部=構成 ▼編集部ライター・渡部恒雄=監修 ▼30年間海外とビジネスを進めてきた現役商社マン沢田浩一(仮)56歳=文 ▼写真=アマナイメージズ

過去の記事

リアル・ビジネス
英会話
〈6〉
What does it stand for? それは何の略ですか 英会話がついていけなくなるのは、むずかしい単語が... 2017.12.01更新
チャレンジ・スポーツ
〈12〉
50才を過ぎて!スカッシュ おしゃれなトレンディ・スポーツ"として人気を集めたスカッシュ... 2017.11.24更新
シリーズ清野裕司の談話室
〈5〉
効率化時代の中小企業のビジネスデザイン 「デザイン」をキーワードに、マーケティングとの関係性を... 2017.11.20更新
リーダーズ・アイ
〈3〉
元広島東洋カープ・2013WBC日本代表監督・山本浩二の視点 "ミスター赤ヘル"こと山本浩二さん。広島東洋カープの第一次黄金期のス... 2017.11.13更新
今月の一言二言
〈10〉
アナログの極み『広辞苑』は、なぜ売れ続けているのか 『クラウド、赤塚不二夫...広辞苑にのりのり』これは... 2017.11.04更新
企業見聞
〈15〉
グローバル戦略で、 世界の麺市場を席巻する 2015年9月。日本企業の進出ラッシュが加速していた... 2017.10.25更新
リアル・ビジネス
英会話
〈5〉
This is he. それは私です 本語でのやり取りでさえ、多少の緊張を強いられたり... 2017.10.03更新
シリーズ清野裕司の談話室
〈4〉
いまの時代"ベンチマーク"は有効なのか? 上手くいっている企業の仕組みを手本にしているのに... 2017.09.26更新
日本の匠シリーズ
〈10〉
表現を行う上では、男も女もない。 大切なのは、妥協なく精進し、覚悟を持つこと。 およそ300万人もの観客が訪れた今年の青森ねぶた祭... 2017.09.21更新
働く男の健康ライフ
〈5〉
また今日も眠れない...、その理由は?改善策は? 皆さんは毎晩十分な睡眠をとれていますか?... 2017.09.19更新
今月の一言二言
〈9〉
もし、エディー・ジョーンズが、あなたの上司だったら 2015年のラグビーワールドカップで、世界3位の南アフリカを破った日本... 2017.09.05更新
エリア特集
〈14〉
日本経済の一翼を担う大阪市《後編》 1970年3月15日から9月13日まで開催され、6421万8770人もの人々が訪れた大阪万博... 2017.08.25更新

バックナンバー※2017.04.17 現在