現役商社マンによる実践ビジネス英会話II #3

仕事で使える、ありそうな比喩表現の会話。

実践ビジネス英会話コラム3回目は1回目、2回目に引き続き"Metaphor"(比喩)についてお話ししましょう

昨年、コラム執筆中に倒れまして3ヶ月ほど療養に専念してましたが、ようやくリハビリも順調に進み、昨秋、どうにか仕事現場には復帰することができました。たいへんご心配をおかけしましたこと、こちらのコラムを通しましてお詫び申し上げます。
久しぶりに社会復帰して、会社と言う所は物凄い体力と精神力が必要だなと改めて痛感しています。コラム2回目では体に関するMetaphorをご紹介しましたが、今回は体力と精神力を消耗する会社でありそうな会話をご紹介しましょう。
Metaphor

(A)I have a headache.
There are too many cooks in the kitchen and nothing gets done.
(B)I feel like I am walking on egg shells.
(A)I think sooner or later heads will roll.
(B)Let's watch our backs.

直訳すると・・・
(A)頭が痛いな!台所のコックが多すぎて何も進まないよ。
(B)まるで卵の殻の上を歩いているような気分になる。
(A)(そんなことしてたら)遅かれ早かれ頭が転がると思うよ。
(B)お互い、背中を見よう。

上記の会話を意訳すると次の通りですが、もう雰囲気はおわかりですね。
「頭が痛い」 → 「困ったことに」
「コックが多すぎる」 → 「船頭多くして船山に登る」
「卵の殻の上を歩く」 → 「綱渡り=危なっかっしい」
「頭が転がる」 → 「(会社を)クビになる」
「背中を見る」 → 「用心する」

Metaphorの面白いところは、意訳しなくても雰囲気で通じることです。例えば「船頭多くして船山に登る」を「コックが多すぎる」に訳す必要なく、素直に"Too many captains will steer the ship up a mountain."で殆どの人に通じるでしょう。「殆どの人」と言いましたのは、常識や価値観などを共有する人のことであって、「船頭...」の場合は船や山を知らない人には通じないかも知れません。このような場合どうすれば良いのでしょうか。次回、その事例をご紹介いたします。
オフィスを借りたい・移転したい インターネットで簡単検索 e-miki.com
■記事公開日:2015/01/15
▼編集部=構成 ▼編集部ライター・渡部恒雄=監修 ▼30年間海外とビジネスを進めてきた現役商社マン沢田浩一(仮)56歳=文 ▼写真=アマナイメージズ

過去の記事

働く男の健康ライフ
〈8〉
解消!メタボにまつわる"誤解"のあれこれ 厚生労働省の調査によると、成人男性の肥満率は31.3%で... 2018.06.20更新
若手のための
“自己キャリア”〈3〉
〈3〉
MEMO入門 知人が取締役を務める広告制作会社でのことです... 2018.06.12更新
シリーズ
清野裕司の談話室〈7〉
〈7〉
必要なのは、仕事に対する瞬発力と対応力 前回は、高い完成度を求めて仕事に時間をかけるより... 2018.06.01更新
エリア特集
〈16〉
さいたま市随一のビジネスエリアでキーステーション さいたま市大宮区 大宮区は、さいたま市の中央部に位置し、中心には... 2018.05.30更新
領国経営
影の実力者たち〈2〉
〈2〉
アメとムチのコーチングによって、部下を「やる気」にさせた鬼"立花道雪" 「鬼道雪」と周辺の国々から恐れられた立花道雪は... 2018.05.28更新
偉人たちの言葉
〈2〉
新しいことを始める時 私は仮説をつくらない。・・・ 2018.05.02更新
リアル・ビジネス
英会話〈8〉
〈8〉
At your earliest convenience. どう書く?お決まりのビジネスフレーズ 英文でメールを書こうとして、ふと「この日本語... 2018.05.02更新
大人の趣味活
〈2〉
そば打ち 味わう楽しみ 振る舞う喜び 中高年のビジネスマンに"無趣味"な人が増えているそうです。この企画はそう... 2018.04.23更新
オトコの休日クッキング
〈1〉
鶏のささみと豆苗サラダ/エリンギと舞茸のたらこソースがけ 男子たるもの厨房に入らず...なんてことは昔のはなし。今は、自分のことは自分で... 2018.04.20更新
リーダーズ・アイ
〈4〉
昭和女子大学理事長・総長 坂東眞理子の視点 官僚として長いキャリアをもち、大ベストセラーとなった「女性の品格」 2018.04.13更新
働く男の健康ライフ
〈7〉
「あれっ? 何だっけ...」が、最近ちょっと多すぎる 年齢を重ねると、誰もが"物忘れ"が気になり始めます。そして... 2018.04.09更新
ビジネスBOOK
〈2〉
世界のエリートはなぜ『美意識』を鍛えるのか? 書店を見渡すと、ビジネスを成功に導くための、様々なスキルが 2018.04.03更新

バックナンバー※2018.02.21 現在

文字サイズ