現役商社マンによる実践ビジネス英会話II #1

知っておくと何かと便利な比喩表現

コラム「実践ビジネス英会話」はお陰様で第2シーズンに入らせていただくことになりました。その第2シーズンの1回目として"Metaphor"(比喩)についてお話ししましょう。

飲み会で友達が誤った言動に走りかけた時に「イエロー・カードだ!」と注意することがありますね。ある物事について、それとは別の物事に例えて自分の思いを強調したい時などに無意識に比喩を使って表現しています。これはどうやら世界共通のようで、英語圏でも比喩はよく使われています。
Metaphor

・Step on it!
(直訳:それ(自動車のアクセル)を踏め!/意訳:「急げ!)
・He has cold feet.
(直訳:彼は足が冷えている/意訳:彼は躊躇している)
・She's an angel!
(歌の歌詞にありそうなフレーズで訳は不要ですね)

※Sheは必ずしも人間の女性を指している訳ではなく、愛車などの愛着のあるモノを指すときにも使います

実はこの"Metaphor"は比喩として使うだけでなく、適当な単語や言い回しが思いつかない時にも使えます。例えば「静かにしてくれませんか?」「行儀良くしてもらえませんか?」「他のお客様に迷惑をかけないでくれませんか?」と諭したいとき、"Be quiet!"や"Please behave yourself." "Please do not disturb the other customers."では、優等生的な英語で相手にされないかもしれません。むしろ相手がサッカーの盛んな国の出身なら"Yellow card !"の方が効果的なようです。ただし、相手が泥酔していたら喧嘩を売られたと誤解されるかも知れませんので要注意(笑)。

Metaphor

・Even a monkey can fall from a tree.
(猿も木から落ちる)
・Seeing is believing.
(百聞は一見にしかず)
・One see, better than one hundred listen.
(こちらの言い回しも、百聞は一見にしかずの意味)

英語圏でも日本語の比喩を文字通り直訳しても通じることがあります。「別の物事に例えて」とうMetaphor の特徴は、英会話の幅を広げるのに実に便利で奥が深く、応用は無限大です。次回は、この続きをお楽しみに!
オフィスを借りたい・移転したい インターネットで簡単検索 e-miki.com
■記事公開日:2014/04/23
▼編集部=構成 ▼編集部ライター・渡部恒雄=監修 ▼30年間海外とビジネスを進めてきた現役商社マン沢田浩一(仮)56歳=文 ▼写真=アマナイメージズ

過去の記事

働く男の健康ライフ
〈8〉
解消!メタボにまつわる"誤解"のあれこれ 厚生労働省の調査によると、成人男性の肥満率は31.3%で... 2018.06.20更新
若手のための
“自己キャリア”〈3〉
〈3〉
MEMO入門 知人が取締役を務める広告制作会社でのことです... 2018.06.12更新
シリーズ
清野裕司の談話室〈7〉
〈7〉
必要なのは、仕事に対する瞬発力と対応力 前回は、高い完成度を求めて仕事に時間をかけるより... 2018.06.01更新
エリア特集
〈16〉
さいたま市随一のビジネスエリアでキーステーション さいたま市大宮区 大宮区は、さいたま市の中央部に位置し、中心には... 2018.05.30更新
領国経営
影の実力者たち〈2〉
〈2〉
アメとムチのコーチングによって、部下を「やる気」にさせた鬼"立花道雪" 「鬼道雪」と周辺の国々から恐れられた立花道雪は... 2018.05.28更新
偉人たちの言葉
〈2〉
新しいことを始める時 私は仮説をつくらない。・・・ 2018.05.02更新
リアル・ビジネス
英会話〈8〉
〈8〉
At your earliest convenience. どう書く?お決まりのビジネスフレーズ 英文でメールを書こうとして、ふと「この日本語... 2018.05.02更新
大人の趣味活
〈2〉
そば打ち 味わう楽しみ 振る舞う喜び 中高年のビジネスマンに"無趣味"な人が増えているそうです。この企画はそう... 2018.04.23更新
オトコの休日クッキング
〈1〉
鶏のささみと豆苗サラダ/エリンギと舞茸のたらこソースがけ 男子たるもの厨房に入らず...なんてことは昔のはなし。今は、自分のことは自分で... 2018.04.20更新
リーダーズ・アイ
〈4〉
昭和女子大学理事長・総長 坂東眞理子の視点 官僚として長いキャリアをもち、大ベストセラーとなった「女性の品格」 2018.04.13更新
働く男の健康ライフ
〈7〉
「あれっ? 何だっけ...」が、最近ちょっと多すぎる 年齢を重ねると、誰もが"物忘れ"が気になり始めます。そして... 2018.04.09更新
ビジネスBOOK
〈2〉
世界のエリートはなぜ『美意識』を鍛えるのか? 書店を見渡すと、ビジネスを成功に導くための、様々なスキルが 2018.04.03更新

バックナンバー※2018.02.21 現在

文字サイズ