現役商社マンによる実践ビジネス英会話 #2

In a nutshell 商談などでシンプルな説明で確実に相手にメッセージを届けたいときに便利です。

第1回で勘違いを減らすのに便利な "apples to apples "を説明しましたが、筆者の若い時の勘違いをもう一つご紹介しましょう。

インド人との初商談の時、相手は首を横に振り続け「あちゃー」と言うので、商談を続けても無駄と思い打ち切りました。そのことを上司に報告すると『インド人は首を横に振るとYES、"achchha" はヒンズー語でOKだぞ!!』と怒られ、正に「あちゃー」だったという苦い経験があります。そこで、商談などでシンプルな説明で確実に相手にメッセージを届けたいときに便利な"In a nutshell "にご注目。

文字通りだと「木の実の殻の中」ですが、「殻の中に入るほどコンパクトに」というニュアンスで、意訳は「簡単に言うと」になります。何かを説明したい時に、In a nutshellから始めると比較的簡単な単語で説明が済むことがあります。
Aさん:How does a hybrid car work?
(直訳:ハブリッド車はどうやって動くのですか?)
Bさん:In a nutshell, it runs on both electricity and gas.
(意訳:簡単に言うと、電気とガソリンで走る。)
海外との商談に備え、誰もが必死で専門用語を勉強しますが、覚えたての難しい単語を張り切って使うと逆効果になることがあります。日本語でも、自慢げに専門用語を連発されると敬遠したくなりますね。"In a nutshell "を駆使して、できるだけ簡単な単語を使ってポイントを確実に伝えるのが賢明。難しい単語は経験値から自然と身に付いていくものです。
■記事公開日:2013/04/24
▼編集部=構成 ▼編集部ライター・渡部恒雄=監修 ▼30年間海外とビジネスを進めてきた現役商社マン沢田浩一(仮)55歳=文 ▼写真=アマナイメージズ

過去の記事

リアル・ビジネス
英会話
〈4〉
Don't be sorry! 謝る必要はないよ アメリカにきたばかりの日本人は、すぐに「Sorry」 を... 2017.08.03更新
企業見聞
〈14〉
ペット関連市場で業界資産の拡大をも視野にイノベーションを 多くの産業が成熟期を迎え成長率が頭打ちとなる中、犬や猫... 2017.07.26更新
働く男の健康ライフ
〈4〉
飲食の習慣を見直して"夏太り"と"夏バテ"を解消! たくさん汗をかくし、あまりの暑さに食欲もない...だから夏は... 2017.07.18更新
リーダーズ・アイ
〈2〉
女子卓球元日本代表監督・村上恭和の視点 時間と手間を惜しまない。これが、選手の心を掌握してきた村上流マネジメント 2017.07.13更新
シリーズ清野裕司の談話室
〈3〉
なぜいまだに『論語』が読み継がれているのか? ビジネスパーソンとしても、ひとりの人間としても十分... 2017.07.12更新
今月の一言二言
〈8〉
マナー違反の"クールビズ"になっていませんか? いよいよ夏。ノーネクタイ、ノージャケットの... 2017.07.03更新
日本の匠シリーズ
〈9〉
お客さまの想いを判子に刻む 唯一無二の"顔づくり"を職人技で 日本で判子が普及し始めたのは、江戸時代の中期頃... 2017.06.28更新
リアル・ビジネス
英会話
〈3〉
I'm a businessman. 勘違いしやすい英単語 カタカナにあふれた日本では、「それが正しい英単語」・・・ 2017.06.08更新
働く男の健康ライフ
〈3〉
テニスボール1つで、話題の"筋膜リリース"を! 人間のカラダの中は筋膜という薄い膜で覆われており... 2017.06.02更新
エリア特集
〈13〉
日本経済の一翼を担う大阪市《前編》 大阪は、古くは首都として、近世以降は商工業の中心として栄え・・・ 2017.05.29更新
チャレンジ・スポーツ
〈10〉
社交ダンス 興味を持ったら、 二の足踏まずに、ステップ踏んで! 『Shall we ダンス?』という映画をご存知でしょうか。これ、といった趣味を持たない、 2017.05.26更新
今月の一言二言
〈7〉
"興味に対する瞬発力"を、あなたはお持ちですか? 日本生産性本部の「レジャー白書2016」によると、 2017.05.11更新

バックナンバー※2017.04.17 現在