現役商社マンによる実践ビジネス英会話 #1

Apples to Apples 意思疎通を図るうえで大切な「イメージ共有」によく使われます。

コミュニケーション力が大切であることは、経験を積んだビジネスマンなら心得ていること。 ところが、グローバルなビジネスにおいて日本人は「英語」の能力は相応のレベルであるにも係らず、今一つ意思疎通が思うように出来ていないケースが少なくありません。

そこで、意思疎通を図るうえで大切な「イメージの共有」によく使われている"Apples to Apples"にご注目。

例えば、あなたが「薄さと軽さと価格」でヒット中の最新素材の冬服を売っていたとします。 あるお客様にいくらそのよさを説明しても、どうにも納得してご購入にいたらない。 なぜ買ってくれないのだろう。 このお客様は、ヒット商品の良さを分かってくれてない、と思い込みをしてしまいます。

実は「薄いとか軽い」ではなく、単に高級カシミアの冬服を探していたのですね。 非常に単純化したケースですが、このケースを英語で表すと、
They are not talking apples to apples, they are thinking apples to oranges.
(直訳:彼らはリンゴとリンゴの会話になっておらず、リンゴとオレンジだ。/意訳:彼らの会話は噛み合っておらず、まったくずれている)
日本人同士でも思い込みや勘違いで上手く行かないことがありますね。 まして、色々な条件が絡む複雑な商談を習慣・宗教等価値観の異なる外国人と上手く進めるには、"Apples to Apples"になっているとこを根気よく確認し合うことが肝要です。
■記事公開日:2013/03/25
▼編集部=構成 ▼編集部ライター・渡部恒雄=監修 ▼30年間海外とビジネスを進めてきた現役商社マン沢田浩一(仮)55歳=文 ▼写真=アマナイメージズ

過去の記事

働く男の健康ライフ
〈2〉
椅子ヨガで呼吸を整え、カラダとココロの健康を 日常生活の中で最も大事なものは呼吸です・・・・・ 2017.03.24更新
シリーズ清野裕司の談話室
〈1〉
デザインは性能を超えたのか マーケティングの世界には、その時々によって時流を読み解く・・・・ 2017.03.07更新
今月の一言二言
〈6〉
中小企業にも"プレミアムフライデー"は定着するのか? 仕事帰りのはずなのに、まだ明るいうちからジョッキを手に・・・ 2017.03.07更新
日本の匠シリーズ
〈8〉
伝統を土台に新しい息吹を! まり木綿の有松鳴海絞 緩やかに曲がる旧東海道沿いに、古くからの商家が連なる有松・・・ 2017.02.28更新
エリア特集
〈12〉
成熟度を増していく名古屋のいま、そしてこれから 人口約230万人。日本のほぼ中央に位置する名古屋市は・・・ 2017.02.16更新
チャレンジ・スポーツ
〈9〉
太極拳 "気"の力を強めて、 体と心を整える中国武術 2020年東京五輪の候補に挙がって注目された太極拳 2017.02.06更新
リアル・ビジネス
英会話
〈1〉
You too 意外とまちがえやすい"同感"の意思表示 「実践ビジネス英会話」は、新大統領の話題で新年の幕を開けた・・・ 2017.02.06更新
今月の一言二言
〈5〉
『ゆとり世代』。当人たちは、その言葉が嫌い。 1987年から2004年までに生まれた人たちのことを、世間的に・・・ 2017.01.23更新
働く男の健康ライフ
〈1〉
まずは足下から通勤靴を見直してみよう 50歳、60歳ともなると「なかなか疲れが抜けない」という方が多いと思・・・ 2016.11.23更新
企業見聞
〈12〉
日本品質を担保する 『技術商社』として パソコンやスマートフォン、液晶テレビやエアコンなど、ビジネスや・・・ 2016.11.22更新
日本の匠シリーズ
〈7〉
職人渾身の技術と魂が 込められた万年筆 書類や手帳に文字を書き込むとき、皆さんはどんな筆記具を使いますか・・・ 2016.11.10更新
実践ビジネス
英会話
〈1〉
昇進 promotion 「昇進」は"promotion"と言います。「プロモーション」と言えば・・・ 2016.11.07更新

バックナンバー※2016.05.13 現在