シリーズ清野裕司の談話室 シリーズ清野裕司の談話室

シリーズ清野裕司の談話室

#6 提案力に繋げるために(シリーズ最終回)

気づきをカタチに転換する Skill

気づきをカタチに転換するSkill ここ数年、あらゆる分野の方々が「提案」の必要性を口にします。「斬新な提案がなければ新しいビジネスチャンスは生まれない」「どんどん提案してお客様の興味を引くように仕向けなければ営業は出来ない」「わが社の成長は、鮮度の高い提案を繰り返すことで生まれる」など。ただ「言うは易く」であり、何を提案すればよいのか、どのように提案すればよいのか、その能力を高めることと同時に、提案の糸口を発見することは至難です。

未来を予見し予測する

現状を分析することに終始した Skill だけでは「これから起きる状態」を告げることは出来ません。大事なことは、決められたことの「予定」を組むのではなく、未来を「予見し予測する」ことです。現在のビジネスは、変化する時代の風に乗るだけではなく、新しい風を自らつくりだすものです。決められたことを丹念に繰り返すだけではなく、未来に対する新しい気づきを生み出すことこそがビジネスであり、すなわち「今」という時代を読む目を養うことです。
ビジネスに求められているのは/新しい風を自ら作り出す『3S』

今を捉える Sense と発信する Style

その「気づき」を感じるには「子供心」が大切と言われます。ただ、大人になった今となっては、凡庸に日々を送っていたのでは気づきを得ることはできません。繰り返しこのコラムでもお話ししてきたように、世の中のあらゆる事象に敏感になって、アンテナにひっかかる事象と巡り合ったなら、半ば無邪気とも思える姿勢(子供心)で、それを手の内にする努力(習慣)が欠かせません。すなわち Skill を活かす Sense とは、日常的な経験を積んでいくこと以外に身に付ける方法はないのです。

もちろん年齢を重ねれば、黙っていても経験を積むことになります。その経験が今、目の前にあることやモノに対する評価基準をつくっていき、判断の尺度にもなります。しかしながら、ただ漠然と歳を重ねているだけでは、ビジネスシーンの今を捉える Sense のブラッシュアップにはなりません。また当然ながら、そうしたところからは顧客を満足させる「提案」は生まれないでしょう。

最終回を迎えて

6回に渡りましてお話しをしてきたことは、ビジネス Style をいかに形成するかということに他なりません。では、その手段はいかに...それは、このコラムを再び読み返していただければ必ず答えが見つかります。※6回に渡りお読みいただきまして、ありがとうございます/清野裕司
Yuji Seino
清野裕司
1947年生まれ。1970年慶應義塾大学商学部卒業マーケティングを専攻 。商社、メーカーにてマーケティングを担当し、1981年(株)マップスを創設。現在、同社の代表取締役。マーケティング戦略の立案、商品・店舗の開発支援、営業体制の整備、ブランド開発、スタッフ養成の研修まで、業種業界を超えたマーケティング・プランナーとして、2500種類のプロジェクト実績。

株式会社マップス ホームページ:http://www.mapscom.co.jp
■記事公開日:2013/12/23
▼編集部=構成 ▼清野裕司=文 ▼写真=フリー素材

過去の記事

リアル・ビジネス
英会話
〈4〉
Don't be sorry! 謝る必要はないよ アメリカにきたばかりの日本人は、すぐに「Sorry」 を... 2017.08.03更新
企業見聞
〈14〉
ペット関連市場で業界資産の拡大をも視野にイノベーションを 多くの産業が成熟期を迎え成長率が頭打ちとなる中、犬や猫... 2017.07.26更新
働く男の健康ライフ
〈4〉
飲食の習慣を見直して"夏太り"と"夏バテ"を解消! たくさん汗をかくし、あまりの暑さに食欲もない...だから夏は... 2017.07.18更新
リーダーズ・アイ
〈2〉
女子卓球元日本代表監督・村上恭和の視点 時間と手間を惜しまない。これが、選手の心を掌握してきた村上流マネジメント 2017.07.13更新
シリーズ清野裕司の談話室
〈3〉
なぜいまだに『論語』が読み継がれているのか? ビジネスパーソンとしても、ひとりの人間としても十分... 2017.07.12更新
今月の一言二言
〈8〉
マナー違反の"クールビズ"になっていませんか? いよいよ夏。ノーネクタイ、ノージャケットの... 2017.07.03更新
日本の匠シリーズ
〈9〉
お客さまの想いを判子に刻む 唯一無二の"顔づくり"を職人技で 日本で判子が普及し始めたのは、江戸時代の中期頃... 2017.06.28更新
リアル・ビジネス
英会話
〈3〉
I'm a businessman. 勘違いしやすい英単語 カタカナにあふれた日本では、「それが正しい英単語」・・・ 2017.06.08更新
働く男の健康ライフ
〈3〉
テニスボール1つで、話題の"筋膜リリース"を! 人間のカラダの中は筋膜という薄い膜で覆われており... 2017.06.02更新
エリア特集
〈13〉
日本経済の一翼を担う大阪市《前編》 大阪は、古くは首都として、近世以降は商工業の中心として栄え・・・ 2017.05.29更新
チャレンジ・スポーツ
〈10〉
社交ダンス 興味を持ったら、 二の足踏まずに、ステップ踏んで! 『Shall we ダンス?』という映画をご存知でしょうか。これ、といった趣味を持たない、 2017.05.26更新
今月の一言二言
〈7〉
"興味に対する瞬発力"を、あなたはお持ちですか? 日本生産性本部の「レジャー白書2016」によると、 2017.05.11更新

バックナンバー※2017.04.17 現在