シリーズ清野裕司の談話室 シリーズ清野裕司の談話室

シリーズ清野裕司の談話室

#5 ビジネスで意識したい「意・志・気」

『3S』に取り組むときの「意・志・気(いしき)」

『3S』に取り組むときの「意・志・気(いしき)」 何かを成し遂げようとした時、人は不安に駆られることがあります。今のままで良いのか、他にもっと良いやり方があるのではないかと迷い、もう一度筋道立て直して自分を納得させようとします。そんな戸惑いに結論を出すヒントもまた、これまでお伝えしてきた『 Skill (学び)』『 Sense (感じる心)』『 Style (芸)』の『3S』への取り組みにあります。そこで今回は、『3S』に取り組むときの「意・志・気(いしき)」についてお話しします。

「意」の一言

理屈だけでは解決できないのがビジネスです。こうすれば顧客は動いてくれるはずと思っても、その通りの結果が生まれてこない。そうした時は、過去に学んだことの、何とも脆弱なことかを思い知らされます。

単なる表層的な「知っている事実」よりも、心底思い込んだ「まだ見ぬ未来」を実現しようとする意識の方が力になることを知る瞬間です。マーケティングが、「学」として存在するのではなく「論」として存在するのも、そこに意味があります。体系的な枠組みを知ることだけが学びではなく、自分自身の「未来への道案内」なのです。「意のあるところ道は拓ける」そして、「知はその道を飾る」と解釈したいものです。
3Sを形成する/「意・志・気(いしき)」の目覚め

「志」の一考

自分が何に向いているのか分からないので、職を持つことなく可能性を探す「自分探し」をする若者。しかし、考えをいくら巡らせたところで、志が浮かんでくるものではなく、まずはやってみることしかないというのが現実です。もちろんこれはビジネスパーソンも同じです。

また「好きなことを一生続けられると幸せ」と言う人もいます。しかし、志は決して好きなことばかりを迎え入れてはくれず、意に沿わないことも多々あります。ただ、嫌だと思ったことも、次なる自分を生み出す術と心得た時に、嫌なことではなくなるものです。「心こそ、心惑わす心なれ。心に心、心許すな」と昔から言われる通り、心が指し示す方向を持った自分との出会いを大切にしたいものです。

「気」の一文

ビジネスシーンにおいて、時には気兼ねをしなければならない場があるかと思います。さほど面識がないにも関わらず気軽に話し掛けてくる人もいます。気障(きざ)な人もいるでしょう。自分の心の準備がないときの対面では「気」の持ちようが大事です。

「気」はあらゆる所で重要な役割を担います。アフターファイブに気の会う仕事仲間と酒席で気を晴らしたり、和気あいあいとした中で気勢をあげて、気宇壮大な未来を語り合うなど。「気」とは、人の精神が外に出る様子をいいます。まだまだ景気の良い話が聞こえてこないビジネス環境ではありますが、元気な振る舞いは、気骨を感じさせるものです。「気」がビジネスを盛り立てる、と言っても過言ではないかもしれません。
Yuji Seino
清野裕司
1947年生まれ。1970年慶應義塾大学商学部卒業マーケティングを専攻 。商社、メーカーにてマーケティングを担当し、1981年(株)マップスを創設。現在、同社の代表取締役。マーケティング戦略の立案、商品・店舗の開発支援、営業体制の整備、ブランド開発、スタッフ養成の研修まで、業種業界を超えたマーケティング・プランナーとして、2500種類のプロジェクト実績。

株式会社マップス ホームページ:http://www.mapscom.co.jp
■記事公開日:2013/11/28
▼編集部=構成 ▼清野裕司=文 ▼写真=フリー素材

過去の記事

リアル・ビジネス
英会話
〈4〉
Don't be sorry! 謝る必要はないよ アメリカにきたばかりの日本人は、すぐに「Sorry」 を... 2017.08.03更新
企業見聞
〈14〉
ペット関連市場で業界資産の拡大をも視野にイノベーションを 多くの産業が成熟期を迎え成長率が頭打ちとなる中、犬や猫... 2017.07.26更新
働く男の健康ライフ
〈4〉
飲食の習慣を見直して"夏太り"と"夏バテ"を解消! たくさん汗をかくし、あまりの暑さに食欲もない...だから夏は... 2017.07.18更新
リーダーズ・アイ
〈2〉
女子卓球元日本代表監督・村上恭和の視点 時間と手間を惜しまない。これが、選手の心を掌握してきた村上流マネジメント 2017.07.13更新
シリーズ清野裕司の談話室
〈3〉
なぜいまだに『論語』が読み継がれているのか? ビジネスパーソンとしても、ひとりの人間としても十分... 2017.07.12更新
今月の一言二言
〈8〉
マナー違反の"クールビズ"になっていませんか? いよいよ夏。ノーネクタイ、ノージャケットの... 2017.07.03更新
日本の匠シリーズ
〈9〉
お客さまの想いを判子に刻む 唯一無二の"顔づくり"を職人技で 日本で判子が普及し始めたのは、江戸時代の中期頃... 2017.06.28更新
リアル・ビジネス
英会話
〈3〉
I'm a businessman. 勘違いしやすい英単語 カタカナにあふれた日本では、「それが正しい英単語」・・・ 2017.06.08更新
働く男の健康ライフ
〈3〉
テニスボール1つで、話題の"筋膜リリース"を! 人間のカラダの中は筋膜という薄い膜で覆われており... 2017.06.02更新
エリア特集
〈13〉
日本経済の一翼を担う大阪市《前編》 大阪は、古くは首都として、近世以降は商工業の中心として栄え・・・ 2017.05.29更新
チャレンジ・スポーツ
〈10〉
社交ダンス 興味を持ったら、 二の足踏まずに、ステップ踏んで! 『Shall we ダンス?』という映画をご存知でしょうか。これ、といった趣味を持たない、 2017.05.26更新
今月の一言二言
〈7〉
"興味に対する瞬発力"を、あなたはお持ちですか? 日本生産性本部の「レジャー白書2016」によると、 2017.05.11更新

バックナンバー※2017.04.17 現在