ビジネスBOOK #1

マーケター赤間裕樹の 必読!この一冊

『センスは知識からはじまる』 水野学著/朝日新聞出版

あなたは自分で「センスがいい」と思いますか?
それとも「イマイチ」だと思いますか?
また、それはなぜでしょう?
そもそもなぜ、「センスの良し悪し」の差ができるのでしょうか。

著者は、熊本県のキャラクター「くまモン」やNTTドコモ「iD」など、
様々なヒット企画を仕掛けたクリエイティブディレクターの水野学氏。
「センスのいい仕事をする」と称賛される同氏は、
センスとは、"生まれ持ったきらりと光る何か"ではなく、
"数値化できない事象を最適化する能力"なのだと言います。
そして、最適化するためには"知識の集積"が必要であり、
状況に応じてそれを適切に表現できることがセンスの正体であるのだと。
本書では、その裏付けをいくつかの事例を挙げて説き明かしています。

客観情報を集める努力が、センスを育む糧となる

情報を集めてそれを知識に昇華させることがセンスアップの前提となる。これが本書を貫く論旨です。ただし、やみくもに情報をストックしても「センスが高まる」わけではありません。書中ではその一例として、ファッションセンスについて紐解きながら、情報収集を行う際の"意識"について示唆しています。

【水野氏の示唆】

なんということのないセーターを着ているのに、なぜかおしゃれに見えるA君。一見彼は、何も考えずに服を選んでいるようで、実はファッションについて様々な知識を持っています。ブランドやその時々の流行はもちろん、それに加えて、自分の体型や個性、雰囲気などの"客観的な情報"もきちんと把握しており、その二つの知識を合わせて服選びをしています。

一方、いつも流行のど真ん中の服を着ているのに、どうしてもおしゃれに見えないB君。もちろんB君もA君と同様、相当量のファッション知識を持っています。しかしその知識は「今、何が流行っているのか」という1点に偏っており、A君が把握している"客観的な情報"が含まれていません。その結果、「自分はどんな服が似合うか」を考えずに選んでしまうため、流行の服を着てもセンスよく見えません。

さらに、センスのいいA君のような人は、ネットや雑誌から情報を仕入れるだけではなく、実際にお店を周ったり、人と語り合ったりすることによって膨大な量の情報に触れ、それらを取捨選択しながら、情報をカスタマイズしてゆきます。そうした営みの根底には"自分にとっての「正解」は必ずしも他人にとっての「正解」ではない"という意識があるのだと水野氏は示唆します。まさしくこれは、私たちの日常でも同様で、新しい情報に流されず物事を客観視できる人は"ビジネスセンスのある人"と言われるケースが多いのではないでしょうか。

ビジネスセンスは、あなたも必ず手にできる

つまりセンスとは、研鑽によって誰もが手にできる"能力"なのです。たとえば、ベテラン社員の「長年の勘」。これなどもひとつの「センス」と言えるでしょう。「勘」と言うと根拠が無さそうに思えますが、リアルなビジネスシーンでは、多くの経験をもとに相手の要求を素早く解釈し、最適な判断を導くベテランも少なくありません。いうなれば"知識の引き出しの多さ"です。したがって、豊富な経験から導き出される「勘」は、あながち軽視できない「ビジネスセンス」であるとも言えるのです。

「営業センス」や「プランニングセンス」など、日々のビジネスシーンでは、「センス」という言葉の壁の厚さを強く意識させられます。しかし、実のところ、その見えない壁は思い込みに過ぎません。
「いやいや、そうは言っても、結局のところ、自分のような凡人には真似できない特別な何かがあるはず...」。この本は、そう感じた人にこそ読んで頂きたいと思います。「私自身、若い頃から凡人だった」と公言する著者の想いに背を押され、自分の「ビジネスセンス」の可能性を信じてみたくなる一冊です。

オフィスを借りたい・移転したい インターネットで簡単検索 e-miki.com
■記事公開日:2018/01/30
▼構成=編集部 ▼文=赤間裕樹

過去の記事

働く男の健康ライフ
〈8〉
解消!メタボにまつわる"誤解"のあれこれ 厚生労働省の調査によると、成人男性の肥満率は31.3%で... 2018.06.20更新
若手のための
“自己キャリア”〈3〉
〈3〉
MEMO入門 知人が取締役を務める広告制作会社でのことです... 2018.06.12更新
シリーズ
清野裕司の談話室〈7〉
〈7〉
必要なのは、仕事に対する瞬発力と対応力 前回は、高い完成度を求めて仕事に時間をかけるより... 2018.06.01更新
エリア特集
〈16〉
さいたま市随一のビジネスエリアでキーステーション さいたま市大宮区 大宮区は、さいたま市の中央部に位置し、中心には... 2018.05.30更新
領国経営
影の実力者たち〈2〉
〈2〉
アメとムチのコーチングによって、部下を「やる気」にさせた鬼"立花道雪" 「鬼道雪」と周辺の国々から恐れられた立花道雪は... 2018.05.28更新
偉人たちの言葉
〈2〉
新しいことを始める時 私は仮説をつくらない。・・・ 2018.05.02更新
リアル・ビジネス
英会話〈8〉
〈8〉
At your earliest convenience. どう書く?お決まりのビジネスフレーズ 英文でメールを書こうとして、ふと「この日本語... 2018.05.02更新
大人の趣味活
〈2〉
そば打ち 味わう楽しみ 振る舞う喜び 中高年のビジネスマンに"無趣味"な人が増えているそうです。この企画はそう... 2018.04.23更新
オトコの休日クッキング
〈1〉
鶏のささみと豆苗サラダ/エリンギと舞茸のたらこソースがけ 男子たるもの厨房に入らず...なんてことは昔のはなし。今は、自分のことは自分で... 2018.04.20更新
リーダーズ・アイ
〈4〉
昭和女子大学理事長・総長 坂東眞理子の視点 官僚として長いキャリアをもち、大ベストセラーとなった「女性の品格」 2018.04.13更新
働く男の健康ライフ
〈7〉
「あれっ? 何だっけ...」が、最近ちょっと多すぎる 年齢を重ねると、誰もが"物忘れ"が気になり始めます。そして... 2018.04.09更新
ビジネスBOOK
〈2〉
世界のエリートはなぜ『美意識』を鍛えるのか? 書店を見渡すと、ビジネスを成功に導くための、様々なスキルが 2018.04.03更新

バックナンバー※2018.02.21 現在

文字サイズ