エリア特集 エリア特集

エリア特集

ビジネスエリア特集 Vol.11 大分・大分市

鉄道による南北分断を解消し、
真にコンパクトシティを実現。

城下町として発展を遂げた都市

その昔、街は城を中心に成立していました。いわゆる城下町です。そういう都市は今でも金融経済や自治行政が比較的、城の付近に集まっています。明治に入り、いわゆる国鉄の駅が導かれるのは、土地の広い城下町の外側になります。つまり密集地から離れた場所になってしまうのは致し方ないことです。
しかし時代と共に城と駅の間には商業施設や繁華街が増え、経済が急速に進みます。このように社会の教科書的に街が発展してきた都市が日本にはいくつかあります。大分県大分市もその一つです。
福岡県福岡市ビジネス街 福岡県福岡市ビジネス街 福岡県福岡市ビジネス街 福岡県福岡市ビジネス街

行政などは城址付近に集約

大分県庁、大分市役所、法務総合庁舎、中央警察署、税務署のほか、金融や証券、銀行などが、大分城址付近には集約されています。大分城址の南側の大分駅との間には、商店街が集まり、繁華街が発展します。さらに明治44年と近代史では早い時期に、今度は大分城址の北側にある海浜地区が埋め立てられると、大分市は重工業を受け入れた都市にバージョンアップします。

大正、昭和と城の北側の海浜地区、城の南側を商業地区として発展させてきた大分市ですが、この急成長するエリアに対して時代に取り残されてしまった地区があると言います。それは「城の南側に出来た国鉄駅の、さらに南側なんです」と大分市都市計画部駅周辺総合整備課(以下、総合整備課)は語りました。

大分駅を中心に生まれた南北格差

福岡県福岡市ビジネス街

かつての大分駅は地上駅で、つまり駅を中心に俯瞰して見ると、駅の北側エリアは商店街、繁華街、さらに官公庁や金融などの業務エリアが広がっています。しかし駅の南側は北側の賑やかさから、なかば取り残された空間として、南北間で格差が生まれてしまったと言います。

「駅を中心に都市が南北に分断され、市街地としての一体的な発展を妨げている」。そこで「駅による分断を解消し、駅周辺の低未利用地を価値の高いエリアに再生させ、南北を一体化させたコンパクトな街作りを計画」と、単なる街の一区画の再開発でなく、大分市全体の一体化、コンパクト化という視点を取り入れた大分駅周辺総合整備事業です。

大分駅周辺総合整備事業

福岡県福岡市ストリートパーティ

大分駅周辺総合整備事業は、大分県がJR大分駅の高架化を行い、大分市が区画整理によって駅周辺の基盤整備を実施、さらに大分駅周辺の幹線道路を国土交通省・大分県・大分市の役割分担のもとで整備を行うという、まさに大分駅周辺を総合的に整備する再開発事業です。

それまで駅南側は、国鉄の鉄道操車場や鉄道病院跡地、木造住宅など利用の低い土地や空き地が多数点在していましたが、、再開発では、全国でトップクラスの幅員 100メートルの緑のシンボルロードを誕生させます。現在「シンボルロード"大分いこいの道"は、緑溢れる芝生広場を有する新たな市民の活動拠点であり、にぎわいや憩いの場として親しまれています」、「文化施設としてホルトホール大分も完成させました」。その結果として「周辺には住居用マンションなどが増え、街の付加価値向上に繋がった」と総合整備課は語ります。

市民による市民のための道

シンボルロード"大分いこいの道"は、市民ボランティア組織によって維持、運営、管理されていると言います。「実は、植えられている植樹は市民の手によるものです。また大分いこいの道、という名前も市民投票で決めました」。イベントなども市民参加型で実施されているとのこと。

広場には巨大なリングがありますがあれは何でしょうか、とお聞きしました。「市政施工時からの100年間の各年の人口を直径に置き換えたモニュメントです」。2011年の市政100年時に置かれたもので、まさに市民による市民のためのシンボル(象徴)となっていました。
福岡県福岡市

店舗・事務所の延床面積が急増

こうした大分駅南土地区画整理事業により、多くの地方都市で抱えている人口の流出がストップしたと言います。30代、40代とその子供世代の居住数が増加傾向にあり「いわゆる街が若返ってきた」と喜びを隠しきれません。それに伴い平成23年度以降、区画整理地区内の店舗・事務所の延床面積は急増し、住居だけでなく、働く場所の環境も整いつつあるようです。さらに街中の滞留時間が増えたようです。

「まだ事業完了していない中での良い結果」の次は「駅周辺の、人、バス、鉄道、タクシー、自転車などとの連携を深める計画が残っています」。ますます暮らしやすい、そして働きやすいコンパクトシティが育っていくようでした。
福岡県福岡市スタートアップカフェ

取材手記

大分というと関東出身の人間ですと温泉というイメージが強いかと思います。実際、大分空港には足湯が用意され"温泉の県"をアピールするポスターが多く貼られています。しかし大分市に出向くと、特に別府湾を臨む海浜エリアには、温泉とは全く異なる工業地帯が広がっていました。しかも明治末期から開発が進んでいたと言う話しを伺い、日本の近代化にはかかせない大分市であることを、改めて発見した取材でした。
*平成28(2016)年4月の熊本地震による被害は大分市は少ないと聞いておりますが、この場を借りしましてお見舞い申し上げます。編集部ライター・渡部恒雄
三重県津市フェニックス通り
大分 支店、支社、出張所、営業所、分室など、事務所開設・オフィス探しは・・・インターネットで簡単検索
■記事公開日:2016/10/30 ■記事取材日: 2016/09/27 *記事内容は取材当日の情報です
▼編集部=構成 ▼編集部ライター・渡部恒雄=文・撮影 ▼KAME HOUSE=イラスト地図 ▼取材協力・空撮等資料提供=大分市都市計画部駅周辺総合整備課

過去の記事

リアル・ビジネス
英会話
〈6〉
What does it stand for? それは何の略ですか 英会話がついていけなくなるのは、むずかしい単語が... 2017.12.01更新
チャレンジ・スポーツ
〈12〉
50才を過ぎて!スカッシュ おしゃれなトレンディ・スポーツ"として人気を集めたスカッシュ... 2017.11.24更新
シリーズ清野裕司の談話室
〈5〉
効率化時代の中小企業のビジネスデザイン 「デザイン」をキーワードに、マーケティングとの関係性を... 2017.11.20更新
リーダーズ・アイ
〈3〉
元広島東洋カープ・2013WBC日本代表監督・山本浩二の視点 "ミスター赤ヘル"こと山本浩二さん。広島東洋カープの第一次黄金期のス... 2017.11.13更新
今月の一言二言
〈10〉
アナログの極み『広辞苑』は、なぜ売れ続けているのか 『クラウド、赤塚不二夫...広辞苑にのりのり』これは... 2017.11.04更新
企業見聞
〈15〉
グローバル戦略で、 世界の麺市場を席巻する 2015年9月。日本企業の進出ラッシュが加速していた... 2017.10.25更新
リアル・ビジネス
英会話
〈5〉
This is he. それは私です 本語でのやり取りでさえ、多少の緊張を強いられたり... 2017.10.03更新
シリーズ清野裕司の談話室
〈4〉
いまの時代"ベンチマーク"は有効なのか? 上手くいっている企業の仕組みを手本にしているのに... 2017.09.26更新
日本の匠シリーズ
〈10〉
表現を行う上では、男も女もない。 大切なのは、妥協なく精進し、覚悟を持つこと。 およそ300万人もの観客が訪れた今年の青森ねぶた祭... 2017.09.21更新
働く男の健康ライフ
〈5〉
また今日も眠れない...、その理由は?改善策は? 皆さんは毎晩十分な睡眠をとれていますか?... 2017.09.19更新
今月の一言二言
〈9〉
もし、エディー・ジョーンズが、あなたの上司だったら 2015年のラグビーワールドカップで、世界3位の南アフリカを破った日本... 2017.09.05更新
エリア特集
〈14〉
日本経済の一翼を担う大阪市《後編》 1970年3月15日から9月13日まで開催され、6421万8770人もの人々が訪れた大阪万博... 2017.08.25更新

バックナンバー※2017.04.17 現在